前提を踏まえて『現在』がある。抽象度を高めると全ての学びに活きてくる!

こんばんは。

今日は一日自宅でゆっくり過ごしていました。メールマガジンの動画を一つお届けし、夜になって近所を少しジョギングしてきたくらいで、後はアメトーークを観ていたくらいです(>_<)



FX・サラリーマン投資家ランキング

これまでも、これからも『相場の全体環境』という大局を伝えていくことこそ相場の世界で戦い続けるための最重要事項であると考えています。それよりも落とし込んだ『エントリー』は、利益に直結するだけに知りたい気持ちは分かるのですが全体環境を踏まえないと活きてくる手法はありません。

以前、私が出させていただいたFX教材があるのですが、分析方法や手法構築までのストーリーよりリアルトレード動画が一番再生されていたという、人間の性というか面白い側面を見ることができました。気持ちは良く分かりますww

でも、全体の把握というか前提をしっかり知るというか、土台がないとどの分野においても真実に近づくことは出来ません。FXも然りですが、私が興味を持っている分野ではこういった一例があります。

①メジャーリーグのFA選手の所属球団がなかなか決まらないようです。しかも、ダルビッシュ有をはじめとする大物選手の移籍先です。本来、このクラスの選手の移籍先は年内に決まるものです。しかし今年は例年になく異常なほど決まらないのです。

この背景には、実は来年FA権を獲得する大物選手が多く、各球団はそれに備えて資金繰りを考えて今年の大物選手獲得に二の足を踏んでいることがあるようです。これが戦略です。私も様々なニュースを見ながら仕入れた情報ですが、「決まらない背景には、きっとなにか重要な事情がある」と思うからこそ調べて情報を仕入れています。

②ロヒンギャ難民がなぜ迫害を受け、今世界を騒がせる状況になってしまっているのか。これはミャンマー、バングラデシュ、果てはイギリスの東インド会社など高校世界史で学ぶ分野も含めた歴史を踏まえています。

これは、ニュースを見る上でも前提知識として知っておきたいことです。また、家族やお子さんに話ができたらカッコイイと思いますよ!来週あたり、ロヒンギャ族を取り巻くこの地域の歴史について書きたいと思います。

少し話が逸れましたが、どちらも全体や前提を把握していないと通じない話になります。FXだけにとどまる「環境認識」なんて面白くありません。もっともっと応用出来るものなんだ!そうやって勉強することの楽しさと奥深さを貴方と共有していきたいです。

本日も、ご覧いただきありがとうございした。