トレード戦略の切り替えポイントとは!?

こんばんは。

今日は19:45の帰宅となりました。今日の朝は久々に『無料メール講座』の動画配信をしました。朝の時点でのUSDJPYの環境から、どういった戦略が考えられるか?トレンドとレジサポから解説していきました。



FX・サラリーマン投資家ランキング

(FX総合ランキング8位!サラリーマン投資家ランキング1位!読者様に感謝いたします)

今日の朝の動画は、USDJPYの相場環境と戦略についてお伝えしました。基本は短期的な動きに沿ったロングと中期的には日足の流れに沿ったショートを考えていたのですが、思惑通りの動きをしてくれませんでした。

では、この動きのどこまでがロング戦略で、どこでその戦略が崩れるでしょうか?

チャート図の通り、1時間足で20MAを割り込んだことによって一旦様子見、でも下値を守るうちは次の上昇を待とうというのが基本的な考え方になります。しかし、午前10:00頃の段階で安値を切り下げる動きがでたので、すぐに上昇する力はないな…という理由で見送ることを決めました。

そうは言っても、再度高値を抜いていく動きが出れば上昇再開と思っていましたが、そうすると今度は上までの伸びしろがなく、どこにストップを置くの?という話になります。つまり、取るリスクと期待できるリワードの比率が悪い状態ということです。

こういう現象が起こってしまったら、無理にエントリーすることはありません。そもそも日足の環境が下降トレンドなので、これは日足に沿った下落の始まりという可能性を考慮し様子見をしていきます。

現在、1時間足で上昇トレンドを崩すような動きを見せているので、ここから先はショートを狙うことを念頭に戦略を組み立てていきます。

本日も、ご覧いただきありがとうございました。