昨日のGBPUSDトレードと今後の基本戦略を考える!

こんばんは。

今日は21:45の帰宅となりました。今日、明日と月曜日までは仕事で遅くなりそうです。もう全然追いつきません…明日も頑張るぞ!



FX・サラリーマン投資家ランキング

(いつも応援のクリック、ありがとうございます!今日も花粉が絶好調!)

昨日は夜にGBPUSDの短期ショートトレードをしました。エントリー時の画像がこちら。レジサポ転換点までを狙った30pipsのトレードです。

以前開催した勉強会でも話したのですが、日足のレジスタンスで1時間足の上昇が崩れたことにより、4時間足が1σの中に入り込んで上昇圧力が弱まるタイミング。ここを狙ったショートです。

もちろん、大局はまだまだ上であるということは知った上でリスクを取ったトレードです。単なる手法ではなく『環境が前提にある』ということは確認してください。

現在はサポートから上昇を試みているものの4時間足でレンジ状態です。やはり日足のレジスタンスに到達した意味は非常に大きく、抜けきれない以上何かのきっかけが欲しいところです。

かといって、この上昇中の環境では大きな下げも期待できないことからすると、とにかくレンジブレイクをしてもらわないと手出しが難しい状況になっています。今のところ、どちらが有利か?と言われれば切り上げている安値に沿って上昇有利だと考えていますが、そうだとしてもレンジ上方に来ている現状では手出しすることは出来ません。

トレンドを考えましょう!抜けていった時のために各時間足のトレンドと環境を今のうちに把握してい起きましょう!

本日も、ご覧いただきありがとうございました。