相場の議論ができる幸せ。トレーダーは『孤独』ではない!

こんばんは。

今日は20:00の帰宅となりました。寒い一日でしたね。関東は明日は雪とも言われていますが、せっかく桜の開花宣言がでたのにまだまだ三寒四温。風邪などひかぬようお互いきをつけましょう!



FX・サラリーマン投資家ランキング

(いつも応援のクリック、ありがとうございます!今日は相場分析の議論の場「Facebook」の紹介です)

昨日はこれからのEURUSDについて以下のチャートで今後の行く先を分析していきました。

結果的には上にブレイクしていきました。その後はレジサポ転換の展開となり、ニューヨーク時間にロング出来る場面があれば…とは思っていました。しかし、結局は昨日の上昇を全て消化する売りが入り再びサポート割れに挑戦するポイントになっています。

当然、これは予想が当たった、当たらないなんて下世話な話をしたいのではなく、ブレイクラインはどこなのか?それを突破したらどんな優位性が起こるのか?を一貫性をもって考えられるかが重要になります。

現在地からの反応に再び注目です!

 

私のFacebook、見てくださっていますか?

(相場と、それ以外の日々を綴っています)


私が知る中では、一番正当なトレードに関する議論を行っているのが私のタイムラインです。同等のものであれば、通常は高額トレード塾の限定グループです。

後は、「すごいですね」「勝っていますか?」「教えてください」みたいなコメントが飛び交う無意味なものが複数存在します。

私の場合は、メールマガジンやブログへのコメント以外に、実は気軽に投稿できるFacebookを使ってやり取りをすることがあります。

今回は、私のトレーダー仲間でもある方がこの記事に反応して下さって、ご自身の検証チャートをアップしてくれました。うんうん、私も同じ見方で改めて自分の目線にも自信を持つことが出来ました。

ショートの目線で見ていた、しかし結果としては上に行ってしまった…それは冒頭にも記事にしましたが仕方のないことです。我々は自分なりの、それでいてかなり近い分析によって方向性を定めていたことが、このチャートから感じ取れれば嬉しく思います。

 

このように、実は我々にとって身近になったSNSを有効に使って、考え方のやり取り・議論はいくらでも出来ます。初学者であれば「考え方の方向性は合っていますか?」という疑問も理解を深めるために大切です。

最も重要なことは『自分で考える』ということです。そして、それを世界にもけてアウトプットすることで学びが深まります。ここには自身で考えるだけの十分な素材が揃ってるので、ぜひご活用ください。

トレーダーは孤独ではありません。ここに、これだけ活用できる場があることを是非知って下さい。私はいつも、貴方と同じ方向を向いてトレードで結果を残すため道を歩きます。一緒に歩きましょう!

本日も、ご覧いただきありがとうございました。