サポートでの反応の捉え方。USDCHFサポートから上昇!

こんばんは。

今日は19:30の帰宅となりました。今日は全体的に調整相場だな…と思っていませんか?でも、それは毎度言うように後付けで何とでも言えるので、事前にドルストレート通貨にが『調整が入る蓋然性が高いところまでき来た』と考えていることが重要です。



FX・サラリーマン投資家ランキング

(いつも応援のクリック、ありがとうございます!花粉のピークはもう少し、頑張りましょう!)

現在、サポートから上昇していくUSDCHFのロングエントリー中です。エントリー時の画像がこちら。

GBPUSDとEURUSDが先に下降を始めましたが、それに伴うドル高戦略で臨みました。

これだけ聞くと簡単そうな話に聞こえますが、実はGBPUSDとEURUSDがなぜ下げてきたのか?という背景が理解できていないとドル高と確信を持つことが出来ません。

話は長くなってしまいますので概要だけ。GBPUSDは日足で高値安値を切り下げたところから一気に上昇し直近高値に迫ってきました。2月2日の始値実体付近まで来たため、この一気の上昇は利益確定売りを仕掛けるポイントです。

EURUSDは、2月15日安値のコマ足まで到達したことが根拠です。日足がレンジの中、売り下げの起点まで届いたことで、ここを抜けるか?戻すか?が注目される場面だったということです。

そんなレジスタンスに対して、USDCHFは、日足の押し安値サポート手前から4時間足で3回のサポート。それは1時間足のダブルボトムとして上昇していきました。

ここからの戻しを待ってエントリーを検討していました。しかし、戻すことなくサポートで1時間ほど下値を支えた後上方ブレイクしていきました。15分足の直近安値にストップを設定してロングエントリーです。

これは、日足の波形に沿ったトレードなので、本来はセミスイングで持つべきポジションですが、一先ずは3月22日の高値まで伸びることを期待してポジション保有を継続します。

本日も、ご覧いただきありがとうございました。