帰宅後はこれをやろう!夜の大人の(?)相場分析!

こんばんは。

今日は19:00の帰宅となりました。少し仕事量が落ち着いた数日を過ごしていますが、4月からは地獄のような日々が待っている予感です。管理部門の方でシステムの入れ替えに携わった経験がある方なら分かると思いますが、現在私の会社グループは大規模に勤怠・経費精算などシステムを入れ替えているので、てんやわんやの大騒ぎ状態です。。。



FX・サラリーマン投資家ランキング

(いつも応援のクリック、ありがとうございます!今朝のメールマガジン動画、その後の行方は!?)

今日は朝に、現在注目しているGBPUSDの現状分析、そしてトレード計画についてお伝えしました。

朝考えていたことと、現状はどれくらいの差異があるのか?これを一度検討してから現時点での分析を再度考え直すことを毎日行いましょう。

例えば、GBPUSDは午前中から夕方にかけて上昇していくものを想定していました。そして、レジサポ転換から大きく下げていくシナリオを立てていました。

結果、現在のチャートはこのようになっています。

すぐに戻しの上昇が始まることはなく、ゆっくりと下げていきました。このまま下がっていくのであれば、トレードは出来ないとして見送る予定でしたが、安値において勢いよく下がっている状態ではありません。

当初は、1時間足でのレジサポ転換、そして下降を想定していましたが、それは引き続き監視しつつ乗っかる波は4時間足の戻しからの下降波形をイメージし次こそ戻しを待ちたいと思います。

本日も、ご覧いただきありがとうございました。