残念ながら『ドル高』に向かうか前提でUSDJPYを見ていきます。

こんにちは。

昨日は夕方からトレーダー仲間たちとの飲み会でした。時間有休で2時間早く仕事を切り上げて大いに飲んで大いに食べて楽しい会でしたww。本当に私は仲間に恵まれています。今日は、その仲間との会話から出てきた来週以降の中長期相場の予測についてお話しします。



FX・サラリーマン投資家ランキング

(いつも応援のクリック、ありがとうございます!なぜ「ドル高」になると考えるのか!?)

環境認識力を高めたトレーダー仲間との会話は、ほぼ同じ目線でチャートを見ているから会話も盛り上がります。典型的なのは今週水曜日のUSDCHF。昼間から大きく上昇していきましたね。私は火曜日のブログでお伝えした通りUSDCHFをロングしました。あれはデイトレードでしたが、本来の波形からするとセミスイングで狙うポイントだ、ということも添えていました。

まさのその翌日大きく上昇したわけですが、あの上昇は全員がロングで狙っていました。何故共通した考えになったのかは私の水曜日のブログで解説しているのでご参考ください。これを現場で考えることが出来るようになるために、日々分析が欠かせないわけです。

また、今後のUSDJPYが『底値から上昇目線に切り替わった』というのも全員が一致した意見でした。それはこちらのチャートをご覧ください。

日足で長らく下降トレンドであったものが崩壊しました。さらに20MAの上にも出てきたことで下降の流れは当面終わります。少なくとも私はそのように見ています。木曜日と金曜日は少し下げていましたね。これを今までの下降の流れだと思っていた方はいませんか?思いのほか下げなくてポジションを持ってイライラする時間だったと感じた方はいませんか?もう水曜日の上昇をもって下降トレンドは崩壊しているのです。

また、今月の月足が確定しました。サポートラインが実体で下抜けずに守られたことも大きな理由です。ここからは中期的に上昇トレンドに入ることを前提にロングを基本戦略とします。

前述のトレーダー仲間は、海外からの輸入をお仕事にしているようで、可能であれば今くらいの円高が会社の利益として丁度良いようです。しかし、これから上昇に向かっていくだろうとチャートを見て分っているので狙いやすい相場になったものの複雑な気持ちだそうですww

相場の流れが見えてくると、『勝つ』『稼ぐ』『手法』といった誰もが聞き飽きた言葉などではなく、仕事面に直結するような異なった角度で考えることが出来るようになります。それを、仲間たちと美味しいお酒を飲みながら面白おかしく会話し、議論できることが素晴らしいのです。

貴方も、そんな我々の仲間になって相場への理解をより深めてみませんか?今回4月に開催するセミナーは、まさに相場理解を深めるきっかけになるはずです。基礎から王道の知識を手に入れたい方は、ぜひご参加をお待ちしております。

【セミナーお申し込みフォーム】
https://88auto.biz/st-works/touroku/entryform6.htm

【ご参加検討中の貴方に送るセミナーへの想い】
http://04auto.biz/brd/st-works/001-DcpxwA.download

本日も、ご覧いただきありがとうございました。