「伸びきった相場」を知るための重要レジサポ

こんばんは。

今日は19:30の帰宅となりました。仕事は早く終えることが出来たのですが、先日のセミナーの動画編集もあり落ち着かない日々を過ごしています。編集といっても大それたことではなく、ビデオカメラで撮影したものを繋ぎ合わせている程度のものなのですが…



FX・サラリーマン投資家ランキング

(いつも応援のクリック、ありがとうございます!今週も頑張りましょう!)

今日は、というより今日も相場の動き出しは欧州時間であり日本時間の夕方前でした。「伸びきったところでエントリーすると高値掴みするから注意!」という方がいますが、その『伸びきった』を現場で見極めることは非常に難しいことです。

しかし、明確に『伸びきった』場面を自分なりに定義しないといけません。そこで重要になるのが長期足のレジサポに到達した!という事実です。

止まる可能性は極めて高い、デイトレードとしては深追いしてはいけないポイントです。例えば今日のGBPUSDはその典型例です。

捉えたい波形のゴールは、当然次の抵抗線、またはダウの高値安値です。その間の隙間を縫っていくことが大事!という非常に良い例としてご紹介いたしました。

本日も、ご覧いただきありがとうございました。