『目線の固定』と『エントリー』を直結させないこと!

こんばんは。

今日は20:00の帰宅となりました。GW休暇までもう少しですが、来月の仕事に不安なことがありすぎて心配です。取りあえず、会社のPCに貼っている付箋の山(やることリスト)を一通り終わらせて休みに入りたいものです。



FX・サラリーマン投資家ランキング

(いつも応援のクリック、ありがとうございます!ドル高目線を継続中!)

昨日は夕方からドルストレート通貨が大きく動き、対して今日の動きは大きくありませんでした。これは、昨日のGBPUSDが示すように日足の節目に到達した、もしくは微妙に抜けたという環境であるからです。

一般的に月曜日は動かない、火曜日から動くと言われていますが、それは時と場合によります。つまり、日足のレジサポに到達したのであれば、いかに火曜日でも売り買いの拮抗から値動きが少なくなるものです。

いずれにしても、GBPUSDもEURUSDも安値の切り下げが起きています。4時間足で見れば下降の流れが作られています。『今すぐ』エントリーではなく、今後数日のうちにショートエントリーのチャンスが来るものと想定して待ち構えることが大事です。

毎度のことですが、「今!」ではないですからね!これから監視対象として見ていく通貨であって、ここからは波形を重視して戻しを待ちたいと思います。

これらの通貨ペアに関して、これからも随時分析をお伝えしていきます。

本日も、ご覧いただきありがとうございました。」