なぜ『メールマガジン動画』で予告したEURUSDの動きは的中したのか!?

こんにちは。

昨日はトレーダー仲間の女性と恵比寿で(しこたま)飲んだためブログ更新が出来ませんでした。今日からゴールデンウィーク休みですが、昨日もギリギリまで仕事が終わらず、、というより積み残した仕事は5月に持ち越しなので休み明けが怖いです…



FX・サラリーマン投資家ランキング

(いつも応援のクリック、ありがとうございます!GW、充実の日々をお過ごしください!)

昨日はメールマガジン動画でEURUSDのサポートの位置についてお伝えしました。一昨日の大きな下落が止まった理由、しかしそれは絶対的なサポートではないからもう一段下まで下げることを予告しました。この「一段下」とは、本命の月足サポート1.21500付近です。

 

相場分析力を高めて自分の力で勝ち続けるための素材が全てここに!
『無料メール講座』へのご参加はコチラ

 

さらには、ブレイクで狙っていくという予告までしていました。ブレイクした時間は昼間の15:00台だったので、見れていた人、そうでない人がいると思いますが、しっかりと分析に役立ててくださった方であればEURUSDやGBPUSDは利益が取れたのではないかと思います。

分析力を高めると、こういう事前の想定が精度高く行えるようになります。ゴールもラインを引いていた1.21500手前でサポートされて反発したところで今週を終えました。

レジサポラインは、常に自分が軸とする時間足の高値と安値に必ず引くことです。その軸となる時間足を決めないと何のトレンドに乗っているのか分からず、『私はトレンドフォロワーです』とは言えません。今回のEURUSDであれば4時間足のトレンド、さらに日足も直近は高値安値の切り下げが見て取れるので日足のトレンドとも一致します。

私のトレンド判断がふんだんに詰まった相場だったので、連休の検証素材としてお役に立てば幸いです。

本日も、ご覧いただきありがとうございました。