「稼ぐ!」「儲かる!」ではない、新しい仲間との関わり方。

こんにちは。

昨日は奥さんと東京にある『スカイバス』に乗ってきました。二階建てバスで天井が開いているので、暖かくなったこの時期には非常に気分が良いです。東京タワー、レインボーブリッジや豊洲を通るコースで、首都高速を風を切って走るのはめったに体験できないし少し怖いけど楽しかったです!



FX・サラリーマン投資家ランキング

(いつも応援のクリック、ありがとうございます!久々一般公開!アメリカ雇用統計動画)

【5月4日(金)のアメリカ雇用統計のリアルタイム監視動画(18分)】

アメリカ雇用統計の発表前後、どう考えどう予測していったのかリアルタイム解説を公開します。トレンドとレジサポを学んでどのように総合判断していくのか。その視点を感じ取っていただければ幸いです。

 

フェイスブック広告に、最近がっかりしています。。

最近、Facebookを見ていると広告が沢山上がってきます。その多くは『集客するためのノウハウ』関連です。

「売り上げを伸ばす!」「顔出ししないで、セミナーも開かないで」「売り込まない」「競合が知らないノウハウ」。見ていてちょっと気分の悪くなる言葉が躍っています。

これを本気で言っているのなら少し変わった人だし、嘘で言っているなら悪意があります。でも、表面上広告を出している人々は、悲しいかなこういう言い方しか出来ない方なのでしょう。業界のテンプレートになってしまっているので、仕方ない部分もありますが、もう少し考えたら?と個人的に思うのです。全部が全部そうだとは言いませんが、多いなぁという印象です。

マーケティング手法として、DRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)やプロダクトローンチは王道手法として存在します。しかし、見ているとその多くは『売り上げを上げる!』ことにフォーカスしており、顧客との関係性を二の次にしています。それは、インターネット上の広告がうるさくて見る気が起きなくなることからも分かります。

「誰のための宣伝なの?」という根本がすっ飛ばされているのです。

大量のリスト(メールアドレス)を集めて、仲間内でお客さんを回しあう。知らないうちに誰かのメールマガジンに登録されているなんて良くあることです。彼らはお互い紹介し合い、Facebookでタグ付けし合っています。これも販売者側の繋がりによる宣伝効果です。

『解除はこちら』って、、いやいや登録した覚えないし。みたいなww

一人が持っている数千数万人のリストを回しあって巨大な市場を作り出している構図。向き合うべきお客さんが蚊帳の外になっているのを感覚として覚え、私には違和感なのです。

・何万人もリストがないと商売が成り立たない?
・スクロールしても永遠終わらない申し込みページ(ランディングページ)が必要?
・耳障りの良い言葉を使ってお客さんを集める?

そんなことしなくたって人は信頼関係を築くことが出来ます!

私が今回主催したFXセミナー『トレード計画作戦会議』には360名のメールマガジン読者様のうち105名の方がお申し込みくださいました。3割もの方に見ていただけたことは非常に光栄なことです。

誰のためのセミナーなのか。誰のために資料を作るのか。それだけ考えていれば良いのです!そして、それが書く文章に現れ、読み手に伝わっていきます。

私は、メールマガジンにご登録いただく際、セミナーにお申し込みいただく際の『自由記述欄』でメッセージを下さった方には、現在全てご返信をしています。仕事で帰宅が遅くても疲れていても、数日以内にはご返信するようにしています。それが相場への悩みのうち明けであれば尚更、ご返信せずにはいられません。

私にとってそれは礼儀だからです。

いわゆるDRMのような『集客して教育して販売』という流れではないですよね?そもそもメールマガジンだって週に1回送るかどうかですから(笑)どんだけ不真面目なんだよ!って突っ込まれても不思議ではありません。

そうではなく、読者様に対する礼儀とか敬意とか、そういう態度の問題なのだと思います。それが『私らしさ』だし今後も私の信念として在り続けます。

 

GW限定案内 『トレード計画作戦会議』動画最終ご案内

長々と今日の記事を書いてきましたが、最後にセミナー動画販売のご案内だけさせてください。

私が上記に書いた信念が反映されたセミナー内容となっています。今までブログでお伝えしてきたこと、動画でお伝えしてきていることを改めてご理解いただき、深めていただく内容です。今後トレードの勉強を真剣にやろうとしている貴方にとって学びになる、基本から応用、実際のトレード現場での考え方など全てが詰まった内容です。

是非ご一読いただき、ご興味があればお申し込みいただければ幸いです。

本日も、ご覧いただきありがとうございました。