週明けのUSDJPY。長期上目線?短期下目線?

こんばんは。

今日は21:30の帰宅となりました。ゴールデンウィーク休みが終わり、今日から本格的に仕事復帰です!そんな読者様も多いと思いますが、徐々にペースを掴んでいきましょう!



FX・サラリーマン投資家ランキング

(いつも応援のクリック、ありがとうございます!今日から本格チャート監視!)

以前からお伝えしている通り、USDJPYは日足レベルでの戻しが入る短期的な下降。そしてレジサポ転換から上昇していく長期的な上昇を想定していました。

そうは言っても雇用統計でのサポートの強さもあったため、まだ下げる気配がない以上はもう少し上を狙っても良い…そう思わせる動きをしたため、帰宅途中でしたがロングエントリーをしました。

結果はエントリー後にすぐ逆行してロスカットとなりました。目線をぶらせてしまった罰ですかね。。4時間足で上昇の波形は崩していたので、ここは我慢して様子見の期間にするべきでした。

気持ちも新たにこれからお戦略を立てていきたいと思います。

日足は上昇中ですが週足レジスタンスに抵抗を受けて上昇の勢いが現在弱まっています。インジケーターの話をすると1σの内側に入ったことで上昇圧力が少し弱まっていると言えます。

4時間足の波形に乗るなら、この上昇の終わりを見極めるためにダブルトップの形成が行われるか、もしくは安値を再度更新していくかの動きからショートを検討していきます。

このトレード計画の前提は、4時間足の波形に乗っていくこと。背景は週足レジスタンスで上値が抑えられたことによって4時間足の安値切り下げが起こったという事実。これを重視してトレードしていきます。

本日も、ご覧いただきありがとうございました。