貴方はここでエントリーしますか?

こんばんは。

今日は20:30の帰宅となりました。明日は中途の新入社員が入ってくるのですが、また引継ぎと増加した仕事で色がしい日々が続きます。疲れも溜まって、少し食欲がない一日を過ごしました。体調管理には気を付けないといけませんね!



FX・サラリーマン投資家ランキング

(いつも応援のクリック、ありがとうございます!YouTubeチャンネルご登録300名様突破!)

昨日のメールマガジンでご案内した、YouTubeチャンネルへのご登録。わずか一日で13名の方が新たにご登録頂きました。

予告していた『マルチタイムフレーム分析』の基礎から実践形式まで、数回の動画でお届けしたいと思っています。これは、YouTube動画一般公開用としてお届けするつもりです。

それにしても、300名様まではもう少し時間がかかると思っていました。ぼんやりと企画を考えたり、仕事の忙しさもあるので時間を掛けて…など考えていたのですが、この期待の高さには応えていかないといけませんね!

何度かブログ記事にも書いていますが、私は自身の主催セミナーでアンケートを取ることがありません。一般的には最後に書いたりしますよね?でも、私はやりません。

その理由は、セミナーのご参加者から直接お声をいただいたり、懇親会を通して本音の希望や要望をどんどんぶつけて下さるからです。来て下さるメンバーが何を求めているのか?自身が一歩ステージを上げるために必要なことは何か?それが伝わってくるのです。

現に、今回の『マルチタイムフレーム分析』は、セミナーご参加者をはじめ多くご意見としていただいていたものでした。その期待度の高さは、わずか一日で13名様のチャンネル登録にも表れています。と、、いうことで企画を始めないと読者様への裏切りになるので、今しばらくお待ちください(笑)

4時間足のトレンド環境。ここで貴方はエントリーしますか?

昨日の夜にチャート監視をしていて、非常に良い環境にあったNZDUSD。しかし、さらに週足まで目を配らせるとサポートとなり得る場面です。この場面、見ていたのですが結局はエントリー躊躇して入らず、結果として下げの形を作りました。

私が伝えている、4時間足の環境としては申し分ないです。日足も下ですし伸びる場面です。しかし、週足ではサポートされても良い場面であるこの時点で、入るか?見送るか?これは手法ではなく自身の経験と感覚になります。

エントリーしてもいいです!私は躊躇してしまいましたが、自分のルールとしては入るべきところでした。一方で、このサポートの方を重視して入らないという結論を出した仲間もいます。

人それぞれの経験と感覚は、誰も覆すことは出来ません。だから、同じトレードの勉強をしていても、好きな場面や狙い方、諦め方は最終的に自分オリジナルになります。

人の手法を真似しても勝てない、ということとも言っている意味は同じです。

貴方は、この下降トレンドに乗ってエントリーしますか?サポートを警戒して見送りますか?この答えを出すために、日々検証を繰り返しているということを忘れないようにしてください。

本日も、ご覧いただきありがとうございました!