夕方に動き出す…どうしても兼業トレーダーでは手を出せない『運命』

こんばんは。

今日は21:30の帰宅となりました。昨日、今日と夕方から大きな動きを見せて非常に悔しい思いをしている兼業トレーダーも多いことと思います。相変わらず今日も疲れ、奥さんが外出でご飯を食べる気力もないくらいの疲労感でビール一本を飲んだところです。



FX・サラリーマン投資家ランキング

(いつも応援のクリック、ありがとうございます!USDJPYは上昇波形継続で週足のWトップネックラインまで到達!)

今日も簡易的に現在の状況解説です。USDJPYは高値抜けが焦点だったところ、上抜いていきました。ここを抜けるまでは手を出してはいけないレンジ環境なので後付け論で語っていいのです!

そこから、現在抜けていったブレイクラインを活用してどうトレードするか?ここを考えていかないといけません。現状ではレジスタンスに到達ですが下降を狙ったトレードは当然できません。トレードの原点であるダウ理論から考えて、レジスタンスだけを背景にエントリーするっことは出来ないということです。

この伸びきってレジスタンスに到達したように見える環境で上を狙うのか?反転下降する時にはどの波に乗ってショートトレードしていくのか?これを自分のルールとして考えて待ち構えないといけません。

私は現在、USDJPYは上目線で見ています。しかし、この随分伸びた環境で週足レジスタンスに到達したところをみると、すぐに勝負できる場面ではありません。押し目を付けに下がってくるのであれば、4時間足の切り下げを確認した後ショート。その後、日足のレジサポ転換や日足押し安値付近からの反転ロングなどが考えられます。

いずれにしても長期的な話なので、すぐには手を出せない…自分の中ではそんな結論を出しています。

本日も、ご覧いただきありがとうございました。