リアルトレード結果報告(NZDUSDロング)。こんな検証をひたすら続けて答えを導く!

こんばんは。

今日は20:00の帰宅となりました。奥さんが自身で経営しているコンサル会社の仕事で部屋にこもって出てこないので、近所のセブンイレブンで購入した「一番搾り」と「堅あげポテト」で先に一杯始めています!



FX・サラリーマン投資家ランキング

(いつも応援のクリック、ありがとうございます!飲みながらもチャート監視は欠かしません!)

今週は金曜日に高校時代の友人と上野で飲む予定なので、明日と明後日は何とか仕事を進めておきたいものです!火曜から木曜日、4時間足のトレンドをしっかり見てレジサポをしっかり把握していきましょう!

さて、昨日は以下の記事を書きました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今日は、現在エントリーしているトレードで4時間足のトレンドフォローではありませんが、応用エントリーを解説をします。もちろん、長期足のレジサポを背景にトレンドの転換が発生しそうな位置であることが前提です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

エントリー後は少し横横の動きとなりましたが、朝起きたらストップにかからず上昇していたので35pipsの利益確定で決済しました(結局は現在ピッタリと目標値まで到達しました)。

エントリー時のチャートを見て、その時の『現在地』をしっかり把握していただければと思います。先ず行うべきことは、この時のトレンドと値動きの変動範囲です。4時間足ののトレンドは下。週足のサポートを背景に買切上げが起こっている『現在地』をどう考えるか?

こういう視点で検証を行い、それに優位性があるのかご自身で納得する必要があります。

大事なことは、エントリーしたとか勝ったとか、そういう表面的で下世話なことではなく、『なぜエントリーまで行き着いたのか?』を考えることです。もちろん、トレンドに逆らっているから見送るというルールも立派なトレードなので、ひたすら自分で検証を繰り返し信じる力を付けていくことが大切です。

引き続き、当ブログがその一助となれば幸いでございます。

本日も、ご覧いただきありがとうございました。