この相場はどこに向かうと思いますか?週足レジスタンスに阻まれたUSDJYP

こんばんは。

今日は21:30の帰宅となりました。昨日は振替休日を取り、休み明けはメールが20通以上溜まっていたので、業務の合間に処理をしていき丸一日かかってしまいました。結果、2時間半の残業となりました…



FX・サラリーマン投資家ランキング

(いつも応援のクリック、ありがとうございます!トレンド転換は何故起こったのか?現状を正確に把握しよう!)

昨日の日足、今日の動きによって日足の押し安値をヒゲで抜けていきました。4時間足以下が下降の波形である以上、ここから先はロングで攻めていくことは出来ません。そのため、昨日の日足の確定によってロング目線を切り替え、ショートのタイミングを探っていくことになります。

現在は、4時間足下降の波形が綺麗なのでショートを狙える環境は整い、ショートを狙えるエリアに入ってきています。後はタイミング取りですが、ここから先は手法によって成立します。

つまり『20MAの下でショートをする』という手法です。現状、4時間足のレジサポ転換点で抑えられているのでここを超えればもう一段戻しが入り、レジサポ転換で下げていくならショートを打っていきます。

その『レジサポ転換』の目安が、20MAを下回るか?という部分とも重なってきます。明日から金曜日の雇用統計にかけてさらなる下降で107.60付近のサポートを試しにいく前提で相場を見ていきます。100pips以上の大きな下げを見込んでいます。

良いでしょうか。「急な為替の動きにご注意ください」ではないですからね!なぜ大きな下落を起こし得るのか?それをダウ理論とレジサポラインでしっかりと把握して人にも説明できるように理解していくことが大切です!

本日も、ご覧いただきありがとうございました。