EURUSDの反転に注意。大局のレジサポを見て『手を出さない』理由を理解しよう!

こんばんは。

今日は22:00の帰宅となりました。明日も同じくらい遅い時間まで仕事がかかりそうです。社労士業務をしている私にとって、6月はピークの一つです。皆さんおなじみの『社会保険料算定』もこの時期です。よく、4.5.6月は残業しない方が良い、と言われますが、まさにこの3ヵ月の給与で今後の社会保険料が決まってきます。



FX・サラリーマン投資家ランキング

(いつも応援のクリック、ありがとうございます!EURUSDは日足レジサポ転換ポイント到達!)

前回のブログではAUDUSDのトレード計画についてお伝えしました。その後、メールマガジンでは動画にて詳細に解説しました。この辺は、私のブログ記事を読んでいく上で肝になることなので、是非理解しておいてください。

現在はEURUSDに注目しています。とは言ってもエントリーまで行きつくには数日かかると思いますし、その間に想定と反対の方向に行くことも考えられます。とにかく、日足のトレンドが下げの状態でいるうちは、ここから先は反転下降の場面を狙っていきたいところです。

波形を描いて、どの時間足がどのように動いているのか常に確認しましょう!現状は、週足が下降中の横ばい、日足が下、4時間足が上。現状は方向感がありませんが、波形を確認しながら相場の向かう先に目安を立てていきましょう!

本日も、ご覧いただきありがとうございました。