なぜGBPJPYをエントリーしたのか!?ECBという単なるきっかけの活用法!

こんばんは。

今日は21:00の帰宅となりました。慢性的に咳と鼻水が止まらず、休めない中で徐々に治すしかなさそうです。



FX・サラリーマン投資家ランキング

(いつも応援のクリック、ありがとうございます!今日はECBきっかけに動いた!GBPJPYエントリー中

夜のECB政策金利をきっかけに、数日続いた不安定な動きに一定の決着をつけました。

さて、ここまでくれば先週末から予告していた通り、EURJPYとGBPJPYをショートで狙っていくだけです。思い出して頂きたいのは『日足の下降トレンド』という大前提です。当ブログをいつも見て下さっていれば、もうクドイほどお伝えしていたことです。

後は、どうなったらエントリーするのか?これは各論の話だし、その場にならないと分からないところですが、少なくとも切り下げの動き、下げのチャートパターン、が4時間足で見えてからが勝負どころです。

帰宅後に一度エントリーを仕掛け、レジサポラインを越えてロスカットになりました。少し早まりましたが改めてタイミングを取り日足レジサポ転換点、さらにここ数日の1時間足、4時間足で見えるブレイクラインにおいて15分足が上ヒゲ陰線を形成しました。

ここが戻しの頂点である可能性を考え、再びショートエントリーを行っています。ストップ位置はヒゲの上。目標は4時間足で大きなダブルトップのネックラインまで。多少利益が乗れば分割決済すると思います。待ちに待った『日足の下降トレンドに回帰する下位足の動き』です。

マルチタイムフレーム分析を理解して、この重要なトレンドの転換ポイントを見極めてトレードしていきましょう!

本日も、ご覧いただきありがとうございました。