注目のサポートを突破したEURJPY。だから今度は注目レジスタンスになる!

こんばんは。

今日は22:15の帰宅となりました。この時期は仕事が繁忙期で、部署の人の多くはまだ残業をしています。私もまだまだ仕事自体はあるのですが、定時内の締め切りや対応に全力で追われていると残業にまで体力が持たず切り上げてしまうのでした…



FX・サラリーマン投資家ランキング

(いつも応援のクリック、ありがとうございます!明日は中途入社員の歓迎会です!)

昨日記事にしたEURJPY。重要な節目を抜いていったところから一日。早速戻し目を迎えています。127.70付近ですが、今日もここを超えられずにレンジ状態になっています。

素直に下げてくれれば良いのですが、最近は良い動きをしてくれません。『ここからどのようなチャートパターンで下がっていく?』『レンジ上限から決め打ちのショート?』決め手に欠けるのでしばらくクロス円は監視対象から外します。

これで日足のトレンド通り下がっていったら、それは結果論だと思うしかありません。

さて、冷静にドルストレートを監視してトレンドが出ているのがAUDUSDです。EURUSDもGBPUSDも下降の動きですが現在は底値を固めているためショートへの決め手を欠いています。それに対してAUDUSDは下降の流れの最中であることが分かります。

帰宅後に一通りの通貨を分析し、上記理由でトレードに適していると判断したAUDUSDをショートエントリーしました。

日足の下降中。4時間足の戻しが入るか?それとも下げが再開するか?つまりトレンドが出ていることを前提に、下降の勢いが継続するのか?を考える場面で、今回は1時間足が20MAの上から明確に下げ、この時点において4時間足は全て20MAの下。しかも4時間足でボリンジャーバンドが-1σを下回り勢いが出てくるエリアに入ってきたこともありエントリーをしています。

このトレードの結果は、次回の記事で報告いたします。

本日も、ご覧いただきありがとうございました。