週末からの予告通り。ドル安の動きが加速する前提でトレードを考える

こんばんは。

今日は21:20の帰宅となりました。うちの職場は残業を事前に申請しないといけないのですが、20:00過ぎたあたりで申請していないことに気がつきました…あぁ、明日事後申請するのが億劫です。。



FX・サラリーマン投資家ランキング

(いつも応援のクリック、ありがとうございます!本格的に30度を超える季節になりましたね…)

週末のブログとメールマガジン動画で詳細をお伝えしたAUDUSD。それを含めて今週はドル安の動きが起こることを読者様と共有しました。

週明け月曜日は早速USDJPYが下げるなどドル安の動きを見せています。思った通りの動きです。AUDUSDも、予告通りもう少し引き付けて明日からの上昇を狙っていきたいと思います。

そんな中、同じドルストレートであるEURUSDが一足先にロングのチャンスを迎えました。

AUDUSDと同じく週足のサポートにおける下位足のプライスアクションが重要なポイントだと考えています。4時間足では夜22:00の確定で上昇トレンドの継続が確定しました。この行く先は目下次のレジスタンスである1.1728付近だと考えています。

4時間足以下が全て上昇トレンド。レジサポ転換点において長い下ヒゲが出たため、この安値の下にストップを設定したトレードが可能であると考えたことが当時の思考です。

このトレードの結果は次回の記事でお伝えいたします。

本日も、ご覧いただきありがとうございました。