NZDJPY注目!から一日。トレンドを前提に帰宅後エントリー!

こんばんは。

今日は22:00の帰宅となりました。メールやスカイプでメッセージを頂いておりますがお返事が出来ておりませんで申し訳ありません。これから順次後返信いたします。もうしばらくお待ちください!



FX・サラリーマン投資家ランキング

(いつも応援のクリック、ありがとうございます!冷房のある部屋から出られません…すっかり夏です!)

ドルストレート通貨はGBPUSDとEURUSDが共に週足サポートから反発している状態で「下向きなんだけどサポートが固い」難しい状態です。そのためドルストレートから少し距離を置きクロス円を監視していっています。

昨日NZDJPYを分析したのも、それが大きな理由です。

もちろん、下降の動きを想定しているのでエントリータイミングが来れば…と思っていましたが、帰宅後に4時間足のミドルバンド付近から15分足で下げの形になったのでショートエントリーをしています。

環境は整っているとは言え、どこまでの上昇で折り返すか?ここは答えのない世界なので都度判断するしかありません。今回は、1時間足までは完全なる下降トレンド。折り返しの位置としては4時間足のミドルバンドであり日足の前回安値付近ということもあり、一つ節目になる位置ではありました。

そこにおいて15分足が切り下げダブルトップを形成した時点で日足の前回安値も下回ってきます。こういった複数の節目になる場所における反転パターンの形成を見てから、リスクリワードを考えてエントリーしていきます。

ストップの置き位置は、レジサポの外より波の外をおススメします。これは個人的経験に基づいていますが、レジサポは『ピッタリ』機能するわけではないのでノイズが多く発生します。これも好みなので、経験を積む中でしっくりくるものを選んでいって下さい。

今回は、ダブルトップ完成時に見ていることができなかったため、戻しがストップ位置から20pips以内になるよう引き付けてエントリーしました。今回はストップまで18pips。狙うリワードは4時間足直近安値までの45pipsをMAXに狙っていきます。

本日も、ご覧いただきありがとうございました。