エントリーの準備態勢。EURUSD後はストップの置き位置だけが重要!

こんばんは。

今日は19:00の帰宅となりました。午後から外出していたのですが、5分外にいると辛い暑さですね。昼食は武蔵小杉にあるグランツリーでハンバーグを食べ、ひと仕事を終えて会社に戻り定時過ぎまで仕事をしての帰宅です。うんうん、典型的なFX兼業トレーダーですww



FX・サラリーマン投資家ランキング

(いつも応援のクリック、ありがとうございます!EURUSD、予告通りロングのタイミングを探っていきます!)

EURUSDは、事前の予告通り、最初のサポートを突破した後の次のサポートでの反発が起こっています。4時間足で前回戻り高値とのレジサポ転換が起こっています。さらに、サポートが効いている一つの仮説として1時間足が直近下降の波を崩したこともあります。

この辺は、『サポートを背景に下位足からトレンドを変えに来た』と察しなければなりません。当たり前ですが、トレンドは短期足から変わっていくので、各時間足の動きを全てマルチタイムフレームで繋げていく必要があります。

エントリーポイントとして狙っているのは1.17045付近の前回高値。ここがレジサポ転換となって一気に上昇するとと考えているのですが、問題はストップの置き位置です。例えば15分足の前回安値の下では35pipsくらい離れているので厳しい。1時間足20MAの下であれば20pipsくらい。すでに『勝てる環境』『勝てるエリア』に入ってきているので、その瞬間の動きでエントリーするorしないを判断していきます。

本日も、ご覧いただきありがとうございました。