クロス円は行ってしまったが、気を取り直してUSDCHFのロングエントリー中!

こんばんは。

今日は19:00の帰宅となりました。台風の影響が出始め、お昼には『仕事がなければ帰れ』指令が会社から出ました。が、、相も変わらず帰れるわけない私は、今日は部署内で最後まで残っていました…明日は朝の交通網が心配です。



FX・サラリーマン投資家ランキング

(いつも応援のクリック、ありがとうございます!GBPJPYは下げてしまったので一旦監視から外します)

GBPJPYは、昼間に直近の4時間足の安値をブレイクして、そのまま一気に下げていきました。これ、後から見れば「ここかーーーー!」って思いますが、当然働いていた私にはエントリーそのものが無理なので見送るだけとなりました。

元々の計画として、さらに深めに戻ってからのエントリーを検討していたのですが残念でした。ところで、こういう状態が続くと、いつまでもエントリー出来ない!という状況になります。私は『夜の時間のトレードをメインとするデイトレード』なので、こういった戦略を取らざるを得ないのですが、実は時間帯によっては今回のようなブレイクでエントリーが可能になる時があるので、ぜひ『時間帯のクセ』を考えてみてください。

これは、分かる人は分かるし、私はセミナーや勉強会でも常に伝えていることです。ニューヨーク時間は動かないし、15時~18時ころは良く動く。これが事実です。少し乱暴なことを言えば、トレンドとレジサポをしっかり把握していれば馬鹿でも勝てる相場なのが昼間です。

大事なことは『トレンドとレジサポをしっかり把握していれば』です。アベノミクス相場のような買ってればいい!ではないのでご注意ください。もし、その昼間の時間をメインにトレードしているのに勝てない人は、分析力が圧倒的に足りないので私の動画でぜひ学んでいただければと思います。

 

USDCHFロングエントリー中!どこからエントリーした!?

現在、USDCHFのロングエントリー中です。エントリー時のチャートはこういう状態でした。

先週もロングエントリーをしたUSDCHFは引き続き上昇目線で監視していました。元々目標にしていた4時間足の高値に到達後、抜けきれず一度押し目を付けに下がってきました。ここからの動きに注目していたのですが、4時間足で安値を切り上げた状態でダブルボトムを形成しました。

安値の切り上げ、そしてダブルボトムのネックラインは昨日1時間足で2回のレジスタンスを受けたブレイクラインとも捉えることが出来ます。要するに、ここでもう一度抑えられるかもしれないが、抜けたら4時間足のトレンド方向に推進していく力が強まる場面だったと考えました。

ダブルボトムは形成して4時間足が確定し、深めに戻して1時間足の20MAで反発後、再度ラインを抜けてきたところ。私の好きなエントリーパターンです。以前、1時間足の20MA反発が最強説(?)を記事にしたことがありますが、これも同じパターンです。

これは、先ほどGBPJPYで話した『馬鹿でも勝てる』相場ではありません。ニューヨーク時間は本当に高度なトレードスキルが求められます。日足以上のレジサポを把握すること、日足と4時間足のトレンドを把握して、レジサポの間をトレンド方向に狙っていくことを基本プランとします。

その中で、1時間足でのチャートパターンや、『ここを抜ければ動く!』というブレイクラインを見つけて、15分足でタイミングを取っていく。

この言葉で書くと簡単ですが実践で活かすには検証と経験が求められます。このチャートの中には、環境の把握からトレードのエリア、タイミング取りと全ての学びの要素が詰まっています。ぜひご活用ください!

本日も、ご覧いただきありがとうございました。