『ルールを決めて』『目的を決めて』。あなたの勝率は100%でないことを知れ!

こんばんは。

今日は20:15の帰宅となりました。東京は朝から過ごしやすい一日でした。天気はいいもののカラッとしていたので久々に暑さから解放された人もいたと思います。明日は都内で行われるFXセミナーに参加してきます!人の話を聞くことは勉強になるので、今から楽しみですww


FX・サラリーマン投資家ランキング

(いつも応援のクリック、ありがとうございます!『納得の負けトレード』が大事な理由、教えます)

検証を行う際の目的意識については、折に触れてお伝えしてきました。簡単に言うと、「どういう場面を狙いたいのか」「デイトレ?スキャル?スイング?」「どのトレンドに従うのか」「どの波に乗るのか」など前提があった上での検証をしないと身に付かないという趣旨で伝えてきました。

この、自分の中での前提を踏まえないと、検証を都合のいいところだけ見ていくことになってしまうので現実味のない話になります。勝っても負けても、同じルールでトレードし続けろと誰もが言いますが、その土台にはこういった目的意識を持った検証があります。

 

USDJPYは自分のエントリールールに合致していた!

8月16日のUSDJPYは、私の相場観としてロングに適した日であったと考えています。見ていなかったのでエントリー出来ませんでしたが、入っていたら負けトレードとなっていました。

日足のサポートに到達後、4時間足で下降トレンドを脱してからの戻し。この位置からなら、4時間足でミドルバンドを超えた場面だしサポート背景十分な位置から上昇の波を作っても良いなぁと検証しながら考えます。普段リアルタイム相場を見ているときと変わらず、結果が見えていても関係なく、一貫して相場を見る意識をもっていないと身に付いていきません。

検証で誰もがぶつかる壁の一つです。良く「先が見えているので勉強にならない、やはりFT2とか検証ソフトを買うべきでしょうか」と聞かれます。別に買っても良いし買わなくても良いです。実際、私は持っていないですが検証に困ったことはありません。

先ほどお伝えしたように、目的意識をもった検証を行っていれば、FT2があってもなくても激的に変わることはありません。私の場合は、「夜の時間」「デイトレード」など複数のテーマを元々決めていたことが大きかったと思います。

現在、上昇目線で見ていたUSDJPYは下げの力が強い局面を迎えています。なにが原因でこれだけ下げているのかが分からないので、基本路線は上昇で見ています。しかし、ここまで戻されると今からデイトレードで上昇は望めないので、来週の波形を見て判断していきます。

本日も、ご覧いただきありがとうございました。