EURUSDは一気に上昇からレジサポ転換点を迎えた。ここからはショートを探る!

こんばんは。

今日は20:00の帰宅となりました。数日間の涼しさもあっという間で、今日の東京は暑くなりました。あと一か月くらいでしょうか、水分補給を欠かさず乗り切りましょう!私は、9月上旬に夏季休暇を取って北海道に行く予定なので、一先ずそれまで頑張るぞ!



FX・サラリーマン投資家ランキング

(いつも応援のクリック、ありがとうございます!ドルストレートのトレードチャンスは明日!)

昨日はEURUSDの深めの戻しを想定し、今日はロングのタイミングを探っていきたかったのですが思惑に反してそのまま上昇していきました。エントリーは出来ませんでしたが、想定通りのレジスタンスに到達し、そこでのプライスアクションを待っている状態です。

波形のイメージとしてはこちらのチャート図のように想定しています。つまり、日足のレジサポ転換でもあり4時間足の調整波になる動きを考えています。4時間足では上昇波形を作り、チャートパターンとしても逆三尊を形成していますが、セオリーであれば当然レジサポ転換するために下げてきます。

また、本命の日足の下降トレンドから下がるにしても根拠ある位置まで到達しました。この日足の売りと4時間足の利益確定売り、そしてレジサポ転換をするために下げてくる新規の売りが合わさるエリアに入ったと考えます。

イメージに近い波形が出れば、明日はEURUSDショートを検討していきます。

本日も、ご覧いただきありがとうございました。