勉強会の先行受付は土曜日にお送りいたします。今日はUSDJPYロングトレード報告!

こんばんは。

今日は19:00の帰宅となりました。明日は会社の上司の送別会があるのでノートレードになりますが、この月末に来ると『月足確定』の価格とその意味を考える時間に入ってきます。今日はEURUSDの月足が何を意味しているのか?を考察していきます。



FX・サラリーマン投資家ランキング

(いつも応援のクリック、ありがとうございます!昨日のポンド爆上げはいったい…)

昨日は注目していたGBPUSDが、想定と逆の方向に行ったことで今後のトレード計画を見直すことになります。一旦、重点的に監視する通貨から外しておきたいと思います。

また、その後に各通貨を監視し、USDJPYが切り上げから日足戻り高値をブレイクするところでロングエントリーをしました。エントリー時に撮ったキャプチャとその後の動きを撮ったのでご覧ください。+32pipsの利益確定となりました。

 

EURUSD 月足の持つ最大の意味と今後の長期予報

EURUSDが現在月足でサポートされているとことって分かりますか?別の言い方をすると、8月の月足の安値って何か分かりますか?ここにラインを引いていないと、今日足が上昇していっている理由も分からないので是非しっかりとラインを引いてください!

このラインは2017年の8月に入った時点で引いていたラインです。つまり、一年前から引けるサポートラインです。そして、結果的に今守られている今月の安値とピッタリ一致します。

これは、月足で長らく下降の流れ、そして横横の動きだったところを陽線一発で抜いていった月足の安値になります。2年以上続いた月足のレンジを抜いていったわけですから、この陽線には相当なパワーが込められています。

ここが意識されて、結果的に日足は下降トレンドを崩すまでに至りました。少し前まではショート戦略を基本にしていたのは、それでも明確な上昇の動きになる前だったからで、トレンドフォロワーとしてはOKなのです。しかし、今となってはショート優位の環境ではなくなりました。

ドルストレート通貨、まだ明確なトレンドが出ておらず4時間足と日足が戦い、日足の節目で見守る通貨もあります。本格的なトレードまでは少し時間が必要です。

 

兼業トレーダーのため『デイトレード集中勉強会!』の予告

やるやる詐欺で終わらないために(笑)一先ず予告だけさせていただきます!平日は仕事とブログ更新とジョギングを優先して勉強会のご案内をお届けする時間は流石にありません。。今週の土曜日、先ずは『兼業トレーダーのための絶望講座』を受講して下さっている方に先行で勉強会のお受付案内をさせていただき、日を置いて通常のメールマガジンでもご案内いたします。

メールマガジンご登録がまだの方はコチラへ!

今回は、朝から夜まで働くビジネスマンであり、兼業トレードを実際に体現している私だからこそ伝えられる、兼業トレーダーが日々行うことと実際のデイトレードをテーマに濃厚な学びの時間を世に過ごしたいと考え計画中です!

もうほとんどの方はお分かりと思いますが、私は現場の理論以外は全部排除しています。それは、リアルタイムの相場分析やトレード報告だけでなく、仕事や家庭がある中で実生活にどうトレードを取り入れるか?そんな切り口も兼業ならではの視点で語っていきたいと思います。

9月1日(土)…必ずご案内いたします!

本日も、ご覧いただきありがとうございました。