USDPYロングエントリー解説。FOMCを前に節目まで上昇の形と判断!

こんばんは。

今日は19:00の帰宅となりました。東京は連日の雨。気温も下がってきて秋が近づいています。ところで、ブログランキングの週間inと週間outが少しずつ増えてきました。読者様の応援のおかげと感謝しております。



FX・サラリーマン投資家ランキング

(いつも応援のクリック、ありがとうございます!現在「サラリーマン投資家」3位です)

以前はぶっちぎり1位だったんですが、政治ネタを書いたり動画をシェアしていたせいで(?)読者様が離れていったようです。また新しい読者様に見ていただけているのかな?と嬉しい想いになります。

余談ですが、サラリーマン投資家ランキングと言いながら、他の方のブログ見るとサラリーマン感全然ないっすよね(笑)まー良いんですけどww

現在、USDJPYのロングエントリー中です。帰宅後に分析を開始し、もともと4時間足で上昇トレンドだったUSDJPYを監視していました。日足の高値までが目先の伸びしろだと思っており、4時間足20MAで反発していることを確認。1時間足でダブルボトムで底を固め、まだ上向きの20MAの上に出来たところをMAブレイクエントリー。

ストップは15分足でダブルボトムを作った右側の安値の下。20pipsほどのストップを許容して28pipsを第一目標として狙います。深夜にFOMCがあり、トレンドとレジサポ、今の勢いから考えるとドル高に動く可能性が高いと考えているので、発表をきっかけに日足の高値ブレイクが起こればさらに30pips程先の週足レジスタンスに届くと見ています。

このトレードの結果は次回の記事で報告いたします。

本日も、ご覧いただきありがとうございました。