『窓は埋める』先入観はトレンドとレジサポとインジケーターでかき消す

こんばんは。

今日は仕事を少し早めに切り上げて会社が契約した生命保険が個人的に営業をかけてきたので話を聞きに行ってきました。現に保険を活用されている方や、万が一に備えていらっしゃる方がいることは重々承知の上で、私にとって生命保険とはあまりに確率が低いところにお金を投じているとしか思えません。「日本人は生命保険が好き」と言われますが、今日色々とお話を伺ってもやはりその想いは変わりませんでした。



FX・サラリーマン投資家ランキング

(いつも応援のクリック、ありがとうございます!『誰でも出来るわけではない』エントリーへの考え方を伝授します)

 

ぶっちゃけ、FX初心者では成果が出せません。

今から、現在エントリーしているEURAUDのエントリーポイントを解説します。もし貴方が初学者であるなら、絶対に明日から真似して勝てるようにはならないので期待しないで真剣に勉強してください。相場の何たるかを良く分かっていらっしゃる方であれば、明日から検証の価値のあるものになり、理解して成果も出やすくなるでしょう。

なんでこんな事を言ったかというと、ベジータ風に言うなら「へどが出るぜ!」な文章を先日受け取ったからです。この見出しと真逆の文章ですww当ブログをご覧になっている方は、当然『お花畑』な方がいないことは重々承知の上で、一瞬でも誘惑にかられてしまったのであれば禊の意味で読んでいただければ幸いです(笑)

 

EURAUDショートエントリーのポイント!

エントリーから少し経ちましたが、矢印の位置からエントリーしています。冒頭話した通り保険の話を聞きに行っていたのでエントリー瞬間のキャプチャが取れませんでした。

日足がダウ的に下降トレンド、前日も大陰線で終わり直近の動きも下降とバンドウォークをしている状態です。まかり間違ってもロングの戦略を立ててはいけません。

4時間足は大きな窓を開けているのが分かります。朝は戻しからコマ足、大陰線が確定しました。この時点でトレンドは下降中、勢いも当然下、ボリンジャーバンドも-1σの外で売りが強い位置です。

1時間足は窓を埋めずに小さくダブルトップを形成しています。これを見て1時間足の勢力としては「上がなくなったかもしれない」という心理が働きます。そこからは-1σに抑えられ「サポートが守り切れず力尽きる」瞬間を待ちます。

タイミング取りの15分足では、やはり切り下げの波形を見て「上にあげる力がない」と見極めます。そして支えきれずブレイクして各時間足で諦めざるを得ないポイントでエントリーです。

これを繰り返していけばトータルで勝てます。でも、自分の頭と体に落とし込んで実践するとなると、初学者であれば辛いはずです。しかもこの程度の思考は、甘やかしても頭の中で1分で考えないといけないことです。それが初学者にとってはもっと辛いはずです。

再現性が高いことと実現可能性が高いことはイコールではありません。とにかく上記の思考で数をこなして感覚を磨くしかないんです。そして感覚を磨くと個性が発揮されるので、もはや他人にとって『再現性』などなく自分のオリジナル手法になります。

と、いう訳で『再現性』という言葉にはご注意くださいね!広い意味での『再現性』なのだと丁寧に受け取らないと自動売買のように考える方も出てきてしまいますから。

このトレードの結果は次回の記事でお伝えいたします。

本日も、ご覧いただきありがとうございました。