レジサポ転換からの『落とし込み』の話。

こんにちは。

今日から3連休でのんびりしています。相場はせっかくEURUSDが上に抜けたにもかかわらず昨日の夜中に大きく下落しました。レジスタンは引けるのですが、ここに反応するとは…これは結果論で言えてしまいますが、それを結果論にしないエントリールールを作ることが大切です。その具体例は…



FX・サラリーマン投資家ランキング

(いつも応援のクリック、ありがとうございます!久々に観たラーメンズ『不思議の国のニポン』知ってる?)

デイトレードのエントリーで大事なのは環境認識から、で?どこでエントリーするの?まで繋げることです。今までも分析やラインを引き、そこから下位足への落とし込みについては動画でいつもお伝えしています。また、落とし込みからエントリーまでについても1時間足と15分足のブレイクラインやボリンジャーバンドを交えて話をしてきました。

今回も、環境は整っていてもタイミングまで行かなかったのは4時間足がまず1σの上に出ていないというのが大きな理由です。確かに綺麗な波形で上昇しているしこの時も上昇に向けた動きをしていましたが、まだ入れる場所ではないんです。これは再三お伝えしている通り、1σの中というのはレンジ状態を意味します。狙っていきたい4時間足が、いくら全体的に切り上げているとしても、『今ここ!』がレンジであれば手出しするのは得策ではありません。

念のため補足をしますが、デイトレードにおいて『4時間足の波に乗る』ということと『4時間足の押し目を買う』ということは同義語ではありません。4時間足の押し目を買うとどうなるか?底値から次の高値まで4時間足の波形に乗った場合、到達するのに何時間かかると思いますか?

この時間間隔は、もはやスイングトレードの部類に入ります。押し目を作るというのは、ボリンジャーバンドで言えば1σの中に入り込んでいる状態です。そこから上昇を始めて1σの上に出た時が全会一致で上昇の目線に切り替わるときなのではないでしょうか。

 

『不思議の国のニポン』。貴方のお住まいの都道府県をなんと言われました?

好きなお笑い芸人は誰ですか?そう言われたら私は「ラーメンズです!」と即答します。15年くらい前からこの人たちを超えるコントは出てこないですね。ふと久々に思い出し、YouTubeで検索したところ公式チャンネルが出来ていました。何年も前から個々の活動がメインでコンビとしてなんて何年も前アップルコンピュータの「こんにちは、Macです」「こんにちは、パソコンです」のCM以来見ていないと思います。ラーメンズを起用する辺り、さすがアップルだなぁと思います。

今も鮮烈に残る芸術的コント!私のST-worksは小林賢太郎さんのプロジェクトKKワークスから頂いているくらい影響を受けています。自分の仕事とは何なのか。自分の役割とは何なのか。これを考え続けるという自分なりの意味も込めています。

『不思議の国のニポン』。ぜひご覧ください!

本日も、ご覧いただきありがとうございました。