今日の注目GBPJPY。日足調整波を4時間のトレンドでエントリー!

こんばんは。

今日は21:00の帰宅となりました。北国の方には怒られるでしょうが、今日の東京は一段と寒く夜は雨と風も相まって真冬の気候でした。。朝方にかけて雪にあるところもあるようですね。都市部は交通機関が弱いので明日の朝は混乱も予想されそうです。



FX・サラリーマン投資家ランキング

(いつも応援のクリック、ありがとうございます!GBPJPYを4時間のトレンドで取りに行く!)

帰宅後、GBPJPYをショートエントリー中です。久々にトレードが出来ました。。詳細はこの後綴るとして、ここ数日もADP雇用統計で少し動いたと思ったらFOMCで逆の動きになり…相変わらず難しい相場です。EURUSDはもう一段上にあげて良さそうですね。上昇優位で押し目を待つ戦略が良さそうです。

さて、本題のGBPJPYですがエントリー時の画像がこれです。

一昨日、日足が1σの中で確定しました。次いで昨日も上抜けることが出来ず調整のエリアに入っていました。そうは言っても4時間足のサポート(142.225付近)が1月24日と29日に守られているので、ここを割れば日足と4時間足の合わせ技でショートが狙えると考える場面です。

さらに背景として、週足から引くレジスタンスがあります。そのラインにおいて4時間足がダブルトップを形成、サポートも割ったし日足も1σの中に入り込んだことが「この通貨でトレード出来る」と決めた理由です。

後は入り方です。142.225を割って戻しが入り、陽線十字線とコマ足陰線でレジスタンスでの攻防をやり過ごします。やり過ごす理由は、15分足でエントリーする決定的な理由が無いからです。4時間足で引けるレジサポ転換での陽線十字線とコマ足陰線でレジスタンスはある程度確認できたものの、15分足で決め打ちで入るとヒゲでやられたりするものです。「小さなブレイクラインが出来たらいいなぁ」と見ると、15分足緑ラインを見つけることが出来ます。

このラインを陰線で割ったところからがエントリーポイントです。ストップ幅は35pipsとそれなりに取っていますが、1月22日の高値、141.910が次のサポートと考えポジション保有を継続します。


動画でトレードや相場分析、ブログ記事復習を不定期配信中!コチラからご登録ください!

本日も、ご覧いただきありがとうございました。