GBPJPYはまさかの15分足2本で戻された!!トレード結果

こんにちは。

週末の東京は気温が上昇しています。良い天気なので午後は出かけるようかなwwこの気候であればテラス席でビールなんて解放感も!?



FX・サラリーマン投資家ランキング

(いつも応援のクリック、ありがとうございます!GBPJPY、エントリーは文句なし!…だが。)

木曜日にエントリーしたGBPJPY。前回は以下の記事を書きました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

一昨日、日足が1σの中で確定しました。次いで昨日も上抜けることが出来ず調整のエリアに入っていました。そうは言っても4時間足のサポート(142.225付近)が1月24日と29日に守られているので、ここを割れば日足と4時間足の合わせ技でショートが狙えると考える場面です。

さらに背景として、週足から引くレジスタンスがあります。そのラインにおいて4時間足がダブルトップを形成、サポートも割ったし日足も1σの中に入り込んだことが「この通貨でトレード出来る」と決めた理由です。

後は入り方です。142.225を割って戻しが入り、陽線十字線とコマ足陰線でレジスタンスでの攻防をやり過ごします。やり過ごす理由は、15分足でエントリーする決定的な理由が無いからです。4時間足で引けるレジサポ転換での陽線十字線とコマ足陰線でレジスタンスはある程度確認できたものの、15分足で決め打ちで入るとヒゲでやられたりするものです。「小さなブレイクラインが出来たらいいなぁ」と見ると、15分足緑ラインを見つけることが出来ます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これをただのエントリーと思わないでください。何と!普段そんなに読者様からのメッセージは来ないのに(泣)今回のエントリーは『落とし込み方が勉強になった』『私も同じところでエントリーした』などご感想をいただきました。

王道のデイトレード、しかも日足と4時間足のトレンドが違うので手が出せない…と考えている方にはトレードチャンスが増える可能性があります。夜の時間に限定しても、時々こういった絶好のチャンスが訪れすことを考えると、兼業トレーダーのデイトレードでも十分にプラスを残すことが可能です。

 

GBPJPYトレード結果は…!?

【エントリー時】

【決済時】

エントリーから含み損を抱えることなく下げの形を作ってくれました。含み益は30pipsまで順調に伸びたのですが、見ての通り15分足2本で一気に戻されて建値撤退となりました。今回は、夜の時間にしては稀にみる絶好のエントリーポイントだったのですが残念でした。ただ、これの繰り返しが確実に成功への道です。

 

現役兼業トレーダーから、ここだけの話。

2019年が始まって1か月、現時点で言えることが3つあります。これは現役で相場を追いかけてトレードしていないと感じ取れない現場の感覚なので、もし似た思いを持っている方がいたら是非お問い合わせフォームからご意見ください。

①ドルストレートは引き続きトレードチャンスを見出せないほどのレンジ相場
②クロス円は昨年末まで夜でもトレードチャンスが多かったが最近は順行後にV字で戻る
(いつものドルストレートに近い動き)
③それを踏まえて勝負する場合は勝率を求め短期で終える。もしくは手を出さないを自分で決める!


動画でトレードや相場分析、ブログ記事復習を不定期配信中!コチラからご登録ください!

本日も、ご覧いただきありがとうございました。