一緒に追いかけていた?USDJPYの分析とエントリーポイントを紹介!

こんばんは。

今日は19:30の帰宅となりました。2月13日は何の日でしょう?はい、私の誕生日です。昨日買えなかったチーズケーキを購入し、食後に美味しくいただきました。うんうん、本当に美味しww



FX・サラリーマン投資家ランキング

(いつも応援のクリック、ありがとうございます!注目のUSDJPY、見て・観て・みて!どこで入るか?)

USDJPYを見ていくということは昨日の記事にもしました。だから、同じように注目していた方も多いと思います。きっと私に言われるまでもなく、「4時間足はトレンドが出ている」と認識していた方も多いと思いますし、昨日のうちにチャンスがあればエントリーしたいと考えていたと思っていたことでしょう。

では、昨日から振り返りましょう。昨日の高値は夕方のうちに作っていて、夜には既にダブルトップになりそうな動きでした。つまり、ここから上に行くためには2回も反発で落とされた110.650付近のレジスタンスを越えないといけません。「きっとブレイクするだろう」ではほぼ3回目の跳ね返しに合います(これも夜という時間帯の特性です)。

結論として、ブレイクしなかったので昨日はチャンスなしでした。しかし、引き続きトレンドが継続しているのであれば重点監視すべきですから、本日も見ていきましょう。

矢印の位置がエントリーポイントです。昨日の高値を超えて押し目が入っている段階です。ここからは1時間足以下を使って意識されているラインを確認します。110.704に引いた緑ラインが本日昼間の高値であり夕方以降も意識されています。20時台には一度15分足で強めに下落した起点にもなるし、サポートさえ守れば次に上抜けした時にはトレンドに沿って上昇すると考えま構えていました。

その15分足の強めの下落が、切り下げず&1時間足ミドルバンド付近で反発したことも重要な要素です。抜けが確定した15分足ではエントリーせず、①もう一波描くか②サポートされるかどちらかでエントリーしようと思っていたら②だったので確定でエントリーしました。

このトレードの結果は次回の記事でご報告いたします。

本日も、ご覧いただきありがとうございました。