上級者であれば、こういうタイミング取りも狙えるぞ!

こんばんは。

今日は19:30の帰宅となりました。明日は中途入社者が入ってくるので有志で歓迎会を開きます。その都合で今週の相場解説も今日までになるかなぁと思っています。当然、週末にはブログ復習をお届けいたしますのでお楽しみに!



FX・サラリーマン投資家ランキング

(いつも応援のクリック、ありがとうございます!今日は上級者向きのトレード方法!)

このEURAUDが上昇中だと認識してエントリーを考えることが出来ますか?一見、レンジ状態に見えて難しい相場に見えるのですが、私とトレーダー仲間は『今日はEURAUDですね!』と意見が一致していました。しかも、エントリータイミングを取るためのラインまで同じでした。

なぜ、そのような思考が可能なのでしょうか。今回は少し難しい話なので、理解できなかった時点で一度発狂してみてくださいww

4時間足を今日の時点で波形を引くと図のようになります。この時に一つ疑問が生じると思います。「3本前の下ヒゲ陽線は一波と見ないの?」と。私はこれを一波とは見ません。過去の波形に対してあまりにも間隔が狭すぎるからです。

余談ですが、なぜ模式図にある綺麗な波は綺麗に見えるのか考えたことありますか?それは、一定のリズムで同じ値幅分動いているから綺麗なんです。黄金比の定義に近い考え方かもしれません。それを今のチャートに当てはめるとやや不自然です(一時間足を見れば一波と言えるでしょうが)。

そうすると、今の上昇は一直線と考えることが出来、まだレジスタンスに向かって上昇する勢いが強いと仮説を立てることが出来ます。そして夜の時間にどこから入れるか?を考えると、昼間にミドルバンドから跳ね15分足でも高値安値の切り上げがあり、元々の4時間足のバンドが放たれているので文句なしの通貨ペアです。

もちろん、日足がレンジ状態なので高値抜けの期待をせず、4時間足の直近高値までを狙って入ることが出来たと思います。

何度も言いますが、これは上級者向けの超実践的な話です。王道は今までお伝えしている通りのトレンド環境であるということは忘れないでください。

本日も、ご覧いただきありがとうございました。