真夜中の名場面。USDJPYのトレンド判断とエントリータイミング

こんにちは。

昨日は中途で入社してきた方の歓迎会を開いたためブログ更新が出来ませんでした。終わってみれば今週もトレードチャンスが無い日々が続いていたなぁという印象です。心機一転、週明けからの動きに期待したいところです。昨日の動きによって、今週よりかはチャンスを迎えそうな位置にあることで期待が持てます!



FX・サラリーマン投資家ランキング

(いつも応援のクリック、ありがとうございます!金曜深夜に良い通貨を見つけました!)

昨日は22:30過ぎに帰宅後、チャート監視をしてから2時間ほど深夜の散歩をしにいきました。少しずつ暖かくなってきた東京は夜中が寒くなかったこともあり…なのですが。帰宅してから寝たのが4時頃で、それまでチャートを見ていたのですがUSDJPYが良い動きをしていたのでご紹介します。

4時間足は目下上昇中。これを上昇トレンドという?かどうかはダウ理論の定義によるのですが、私は上昇トレンドと見ています。理由は、高値安値が切りあ上がっているからです。戻り高値を基準にトレンドを考えている方もいると思います。どちらが正解ということではなく『自分はどう見るか』で考えてみてください。

話を戻し、この上昇のゴールはやはり日足で下落前にサポートを受けた112.300付近です。その手前までを30pipsほど狙ったトレードであれば成立すると考えました。1時間足ではミドルバンドにサポートされてトレンド方向への流れが継続し、15分足では下落の起点のラインを数本のコマ足の末にブレイクしました。ここから先は上昇に勢いがつく場所です。

提示している手法とも合致するし私が実践している手法とも勿論合致します。結果は金曜の真夜中という影響か、エントリー時に少し1時間足のバンドが閉じ始めていることが影響したのか伸びきりませんでした。入っていれば10pips程度の最大含み益が出たトレードになります。

こういう分かりやすい場面を狙っていきたいですね!

今後、動画での相場分析などの情報をお受け取り希望の方はこちらからご登録ください。週末にはブログ内容を復習する動画もお届けしております。

本日も、ご覧いただきありがとうございました。