今日のECBをショートで狙う必要性はあるのか?

こんばんは。

今日は20:30の帰宅となりました。PCの打ち過ぎかかなり疲れが溜まっているので簡単な更新で…無駄口叩かずFXのことだけ話しますね。



FX・サラリーマン投資家ランキング

(いつも応援のクリック、ありがとうございます!EURUSDはのECBでの動きを見た?)

帰宅後にチャート監視をして、EURUSDは先ず下がることで間違いないと思っていました。それは、このチャート図のトレンドと、指標前の現在地を見ればおおよそ予測が立ちます。でも、発表時点において私はトレードする気はありませんでした。

このチャート図で分かるように、4時間足のボリンジャーバンドが閉じてきています。下降と思いながらも、これはルール外なのでエントリーしませんでした。もちろん、私は指標トレードは賛成派ですし、予測通り下に行ったのだから、エントリーしていれば大きな利益を取っていました。でも、それではトレードルールを作った意味がありません。

これだけチャンスがない今の相場。ともすれば「トレードチャンスがないと言うが、いつトレードするの?」という声が聞こえてきそうです。そんなもの、チャンスが来た時だと言うほかないのですが…

だから兼業トレーダーは素晴らしいと言っているのです。焦る必要がどこにありますか?仕事における自身の地位向上を目指したり理想を目指すことをすべきです。というか、その想いを持ちながら、さらにトレードでも着実に成果を出したいと歩み続ける方と共に在りたいと思うだけです。

本日も、ご覧いただきありがとうございました。