EURAUDのトレード結果と『ダメだった』反省点。本当の典型的手法とは?

こんばんは。

今日は21:00の帰宅となりました。会社の最寄り駅前位にはパン屋があり時々買い食いをしているのですが、今日は半額デーだったので明日の朝食用に奥さん分と購入しました。年度末&年初を迎えますが仕事の忙しさもお互い様!頑張りましょう!



FX・サラリーマン投資家ランキング

(いつも応援のクリック、ありがとうございます!EURAUD結果と反省点)

昨日はEURAUDのエントリーをしたところの画像をアップしてブログ更新を終えました。あの時点でポジション保有中でしたが、その後こう動きました。

【エントリー時】

【その後】

結果は分割決済で+10pipsと+20pipsでしたが、ここには大いに反省点があります。それは、私が考える典型的手法からはワンテンポ早いエントリーだったからです。結果は利益確定でしたが暫くは含み損を抱えて15分足で一波描いたことを考えると、ここには反省点があります。

環境認識の分野ではそれほど間違っていないと思っていましたが、エントリーの仕方、いわゆる手法からすると早くエントリーしてしまったなということですが、この詳細はメールマガジンで改めて動画でお伝えしたいと思います。基本的には、4時間足の流れに乗っていきながら、1時間足と15分足に落とし込んだどこにラインを引き、いつエントリーするのか!?という話です(目新しいことではないですが…)

準備ができ次第お届けいたしますので、まだメールマガジンへご登録されていない方は是非この機会にご登録ください。

今後も動画での相場分析などの情報をお受け取り希望の方はこちらからご登録ください。週末にはブログ内容を復習する動画もお届けしております。

本日も、ご覧いただきありがとうございました。