USDCHFの調整波ロング。なぜか優位性のあるこの環境ですが、どう動くでしょうか…

こんばんは。

今日は21:00の帰宅となりました。夕食は大好物の肉じゃがww奥さん含めて周りからは「舌が子ども…」とよく言われますが、ハンバーグとかカレーとか、そういう分かりやすいものが大好物です。明日は会社の人たちで飲み会があるため、今週のチャート監視は今日で終わりです。



FX・サラリーマン投資家ランキング

(いつも応援のクリック、ありがとうございます!調整波ロングのUSDCHF(やる必要ないトレードです))

昨日記事にしたCADJPYは、今日の底値は30pipsほど順行したような動きでしたが完全に戻されています。日足以上を軸にした考え方でトレードすると、ポジション保有期間が長くなるという証拠であります。そういうトレードを実践されている方、あれから一日、平穏な心で保有しながら生活出来るか改めて問い直して頂きたいと思います。

すぐに順行しない理由は、やはり4時間足です。昨日の時点でボリンジャーバンドが閉じているので瞬間的に動きにくくなっています。環境の分析が出来ていても、エントリーの決め手としてのインジケーターはやはり無視できないものです。

 

USDCHF 調整波形のロングトレード!

現在、USDCHFロングエントリー中です。これあ4時間足のトレンドからしたら決して乗っているわけではないですが、日足での推進波形が終わりを向かえて波を描きに戻し目の上昇が発生するとの前提でエントリーしています。

背景は日足が高値を切り上げた後に切り下げたというレンジ環境にあるということ。4時間足で底値を3回固めたこと。日足のボリンジャーバンドの-1σを上抜いて確定していること。1時間足が上昇波形を作っていることがエントリーのきっかけとして挙げられます。

これは、上級者向けのトレードなので無理に真似する必要はないですが、実は戻し目の場面での1時間足のトレンドは一気に伸びる魅力的な場面なんです。しかも、15分足でブレイクラインになり得るレジスタンスを作っていて抜けた場面で4時間足のボリンジャーバンドも閉じたところから開くところです。

長々と書きましたが、すごく簡単に言うと底値を固めた時は4時間足の流れに沿っていなくても日足の調整波形を1時間足の波で狙っていくことが出来るということです。難しく言うと、これを実践するために沢山の検証を積んでくださいということです。

相場分析の経験を積めば積むほど、私の言っていることが「あー分かる分かる!」と思えてきます。しかも厄介なことに、これはロジックで説明が難しく非常に感覚的な話です。でも、誰もが「あー分かる分かる!」となることです。

段々何を言っているのかが分からなくなってきましたがwwもちろん、王道の4時間足の流れで監視するならGBPUSDとEURUSDです。今日のGBPUSDは、レンジ状態から一気に伸びてしまったので入りどころが無かったのではないかと思いますが、当面の監視通貨ペアです。明日以降にトレードチャンスがあれば狙っていきたいところです。

今後も動画での相場分析などの情報をお受け取り希望の方はこちらからご登録ください。週末にはブログ内容を復習する動画もお届けしております。

本日も、ご覧いただきありがとうございました。