EURAUDのトレード結果は+10pips。そして現在トレンドのあるものとは?

こんばんは。

今日は19:30の帰宅となりました。夕食は麻婆茄子。ご飯に乗せて丼にするのですが、丼ものを最初に考えた人って凄いなぁと思います。どれも好きで幸せになれるのですが、私のキング・オブ・丼はカツ丼です。奇跡の食べ物と言っていいでしょう(笑)読者様はどんなどんぶりが好きですか?



FX・サラリーマン投資家ランキング

(いつも応援のクリック、ありがとうございます!材料薄なのか?伸びない相場…)

昨日はEURAUDのエントリーに付いて記事にしました。その後、このように動き、結局10pipsの利益を確定させて寝ました。今日は引き続き動きが少なくて非常に悪い環境に入りました。

【エントリー時】

【利益確定時】

エントリーまでの詳細な流れは昨日の記事をぜひご覧ください。

目先は明日のアメリカ雇用統計を睨んだ相場なのかと思わざるを得ません。ちょっと予測をすると、トレンドとレジサポから考えるに、明日はEURUSDがショート方向で考えられます。理由は、数日前にもお伝えした通り月足でサポートを明確に割り込んだことです。

ここから大きく上げる力は、きっとないでしょう。

 

現在注目…中期的にEURUSDとGBPUSDくらい

明日の雇用統計に向けて、特にEURUSDは注目しています。ただ、現時点では決め手に欠けるのでエントリーせず明日まで様子を見ます。『決めて』とは4時間足のトレンドとミドルバンドの位置関係です。

超中期的に下げる動きであっても、それは数日先の話です。今伸びやすい場所を狙うのがデイトレーダーなので、今は待って明日の動きをしっかり通っていきましょう!

今後も動画での相場分析などの情報をお受け取り希望の方はこちらからご登録ください。週末にはブログ内容を復習する動画もお届けしております。

本日も、ご覧いただきありがとうございました。