NZDUSDは下降トレンドなのに入ってはいけません。理由は…

こんばんは。

今日は20:30の帰宅となりました。社内では昨年から基幹システムが大規模に入れ替えられています。その中でも運用として私が主に業務に利用しているのが勤怠システム。どこの会社の何とは言えないですが、不便甚だしものを導入したおかげで現場は結構迷惑していますwwテクノロジーの進歩は果たして我々を便利にしてくれているのか?この一年は特にそういったことを考えさせられます。



FX・サラリーマン投資家ランキング

(いつも応援のクリック、ありがとうございます!GBPUSDは微妙なれど波形が出ている!)

帰宅後にドルストレートからクロス円、その他クロス通貨を一通り監視。MT4を開き最初に見るのはもちろん4時間足です。その前提で見ていくと、一番きれいな波形はNZDUSDです。これはチャート図を載せませんので是非ご自身のMT4で見てみてください。

ただ、この波形がどこまで続くかを日足まで広げて見ると、2月12日の安値に到達していることが分かり、そうすると一度大きめに跳ねる可能性があります。この考え方の順序は日々の記事やブログ復習動画でいつもお伝えしていることで、難しいことは何もありません。

まだはっきりと値幅を取れるほどの動き、トレンドを見せていません。引き続き様子見が続くでしょう。

今後も動画での相場分析などの情報をお受け取り希望の方はこちらからご登録ください。週末にはブログ内容を復習する動画もお届けしております。

本日も、ご覧いただきありがとうございました。