EURJPYショートトレードは+32pipsで利益確定。そして、今後について重要なこと…

こんばんは。

今日から暦上は10連休。本日は神戸に来ています。参議院議員・青山繫晴さんの独立講演会に参加し、相も変わらないディープな政治、外交のお話しを聞くことができました。内容は当然off the recordなので興味のある方は是非参加してみてください。

すごく意外で、でも安心したのは、ある保守系YouTuberが起こした最近の騒動。この話に少し言及されたことです。大人な対応をされる青山さんの意見を直接聞けたことは本当に良かったです。



FX・サラリーマン投資家ランキング

(いつも応援のクリック、ありがとうございます!EURJPYはこれからどう動くと思います?)

今日は簡単にトレード報告のみ。その他の通貨を含めた意見についてはメールマガジンでお届けいたします。

エントリーについては、前回の記事に書いた通り、狙っている4時間足の波形の中にある1時間足の波形を把握するところが非常に重要になります。波形を描かない相場は、突然どちらに動くか分かりません。トレンドフォロワーであるなら、大原則である『波形に乗るという意識』を念頭においてください。

さて、肝心なこれからの動きですが、一度深く上昇が起こると思っています。そして、ここからが重要ですが、上昇の後4時間足のトレンドに回帰して再度戻り売りが出来るかと言われると疑問です。

4時間足に表示させているフィボナッチエクスパンション。ここにピタリと到達して反転上昇しました。これは相当強力なサポートです。ここから上昇が本格化して、日足レベルのレンジになってしまう可能性は高いと考えます。もちろん、他の通貨ペアでの力関係も踏まえた結論ですが、トレードに適しているかと言われると、4時間足の下降に乗るのは安易な思考であると考えています。

今後も動画での相場分析などの情報をお受け取り希望の方はこちらからご登録ください。週末にはブログ内容を復習する動画もお届けしております。

本日も、ご覧いただきありがとうございました。