自己実現の第一歩。『3足目の草鞋』を履いて収入の柱を作る!

こんにちは。

本日は昭和の日。平成も残り二日と寂し気な気持ちになるのは、やはり日本人だからだなぁと思わされます。日本は連休のため市場が休場。しかも先週の記事でお伝えしたようにドルストレート通貨もクロス円も下げが節目まで到達しているので、この先トレンドに沿った下降にはならないものと思われます。

そのため、もしトレードするなら隙間を抜いたロング。もちろん、無理する必要はなく、休みの方も多いでしょうから満喫されることが一番だと思っています。



FX・サラリーマン投資家ランキング

(いつも応援のクリック、ありがとうございます!個人事業主として仕事を始めます)

私たちは基本的に二足の草鞋を履いています。一つは本業の仕事。もう一つはFXトレーダーです。私のブログを読んでくださっている方ですから、FXで実績を出しても、専業トレーダーになって『東京カレンダー』みたいな生活に憧れる方ではないと思います。

ましてや、サラリーマン=負け組、専業トレーダー=勝ち組みたいな安直な思考回路ではなく、仕事も充実を目指し、トレードでプラスの収入を得てその範囲で自由を獲得していく!という方が大多数でしょう。

では、プラスの収入を得ていく手段は投資だけでしょうか?

 

3足目の草鞋。個人事業主としての副業

私が、サラリーマン兼業トレーダーであり、社会保険労務士に相当する仕事をしているということは時々ブログでも触れてきました。その資格と経験を活用し、個人として社会保険労務士に相当する仕事を開始いたしました。

もちろん、会社には副業を行いたいという旨を相談して許可をいただいています。以前、副業時代についてブログ記事を書いたことがありますが、大企業を中心に副業解禁の潮流になってきています。厚生労働省が作成するモデル就業規則にも、副業を認める場合の条件が追加されたりしていますし、私や上司も社会保険労務士の端くれとしてこの流れは試す価値があると考えました。もちろん、この動きは政治的なものであるだろうし、納税や社会保障制度の存続が前提になっているでしょう。しかし、自ら望んで仕事をする方にとっては良い機会であることも、また事実です。

 

機会をくれた友人に感謝

今回始める副業は、高校時代の友人から依頼を頂いたことがきっかけです。親の会社で勤めている友人は、常々給与計算や手続き関係の不備に悩んでいて、昨年末久々に会った忘年会で「委託できないかなぁ」と何となく話しをしてくれました。

私自身、過去に社労士法人で勤めていた経験上、自分で獲得した仕事で、特に日本を支える中小企業の役に立てる社労士は素敵な仕事だと思っていたし、独立開業も夢の一つでした。

だからこそ、今回の話を友人にいただいた時、「この機会を逃したら後悔する!」と意を決して会社にも副業を相談しました。これからは、本業に影響しない程度に利益を求めた営業活動を行い、また本業にもフィードバック出来る経験値が積めたらという想いです。

始まったばかりの3足目目の草鞋、ぜひ読者様にも見守っていただければ幸いです。

今後も動画での相場分析などの情報をお受け取り希望の方はこちらからご登録ください。週末にはブログ内容を復習する動画もお届けしております。

本日も、ご覧いただきありがとうございました。