EURJPYエントリー中。窓明け波形の捉え方。

こんばんは!

今日は19:45の帰宅となりました。10連休明けの仕事再開という方も多かったと思いますが、私もその一人です。職場でメールを開くのがドキドキで怖かったですが、面倒な案件が多くなかったので一先ず安心しましたwwリハビリをしている余裕のない方もいらっしゃるでしょうが、今週しっかり乗り切りましょう!



FX・サラリーマン投資家ランキング

(いつも応援のクリック、ありがとうございます!下ブレイクの『クロス円』、注目って言いましたよね?)

昼間にオーストラリアの政策金利の影響があり、オージー関連の通貨が動いた他、特に目立った動きはありませんでした。肝心のオーストラリアドルも、動きの想定としては豪ドル安でしたが逆行しているところを見ると、この通貨もチャンスが遠のきました。

EURJPYショートエントリー中

週末から予告した通り、窓開けして下げたクロス円を追いかけていました。中でも波形が出ているEURJPYは波形のリズムとしてまだ4時間足は一直線で下降トレンド中です。つまり、月曜に窓開けして付けた安値までは伸びしろがある状況で1時間足が高値を切り下げてダブルトップを形成しました。

帰宅後にチャート分析を行い先ず目についたのは、123.923のサポートラインです。いつも注目すべき1時間足の波形の中に出来る15分足のブレイクラインに該当するラインが引けます。そして、一発目のブレイクは夕方で、当然ですが兼業トレーダーでは入ることが出来ません。

ただ、ブレイクしたということは、そこから先はショートして良い環境に入ったのです。ここで考えるべきことは、次の一波を描くのを待ちストップ位置を決めること。その時の最終目標地点である4時間足の直近安値までとの距離。つまりリスクリワードを計算するという作業です。

記事を更新している時点では、若干ですが想定通りの動きをしています。このトレードの結果は次回の記事でお伝えいたします。

今後も動画での相場分析などの情報をお受け取り希望の方はこちらからご登録ください。週末にはブログ内容を復習する動画もお届けしております。

本日も、ご覧いただきありがとうございました。