クロス円の4時間足波形は完璧!しかし危険という落とし穴がある。

こんばんは。

今日は19:50の帰宅となりました。高校時代の友人の会社から委託してもらった社労士業務は、現在給与ソフトを設定中、また手続き漏れがないかの確認中です。平日は本業で疲れが溜まり、作業が進まないのが何ともモヤモヤしています。頑張らねば!



FX・サラリーマン投資家ランキング

(いつも応援のクリック、ありがとうございます!クロス円、波を描いて下がりそうで下がらない理由)

今日も狙える通貨は無く様子見です。波形からすると、昨日大きく下落したクロス円が、一見下を狙った動きになるように見えます。例えばCADJPY

他のクロス円も似た形ですが、4時間足としては綺麗な波形が出ています。この時点で、「監視対象になるかも」と心の中で思わなくてはなりません。次に1時間足を見て「今日狙えるだろうか」を考えるのですが、ミドルバンドが上向きになっているのを見て諦めました。

正直、波形は申し分ないです。トレンドに沿って下降すると考える人が多いだろうことも分かります。しかし、『今この瞬間』に勢いが出ないのがこの1時間足の形です。

いわゆるパーフェクトオーダーには一定の意味があると思っています。が、それはインジケーターに頼るということとは異なります。あくまで4時間足のトレンド判断で狙う通貨を選択して押し目買い・戻り売りができそうな候補を探します。これが決まった後に初めてインジケーターを参照し、今が伸びる環境かを確認します。

順番を絶対に間違えないで下さい。そして、その目で私の過去のトレードチャートを見ていただければと思います。特に最近のトレードは、この意識を強く持っているのでチャート図にかなりの共通点があるはずです。

学びの参考にしていただければ幸いです。

今後も動画での相場分析などの情報をお受け取り希望の方はこちらからご登録ください。週末にはブログ内容を復習する動画もお届けしております。

本日も、ご覧いただきありがとうございました。