予告通りの週半ば。EURJPYショートエントリー。

こんばんは。

今日は19:15の帰宅となりました。明日は今月2回目、神宮球場に行きヤクルトvs広島戦を観に行きます。何とヤクルト今日で13連敗…大丈夫でしょうか。何とか連敗ストップの願いを込めて応援しに行きます!



FX・サラリーマン投資家ランキング

(いつも応援のクリック、ありがとうございます!EURJPYは波形の中の波形にあり!)

週末ブログ復習動画の予告通り、今週前半は方向感がない時間帯が続いています。傾向として、ドルストレートは小幅な動きながらもトレンド方向に進んでいますが、こういう時は大きく逆を突く一本のローソク足が出がちなので、自身のトレードルールに合致しないのであれば手を出すべきではありません。

そんな中、波形が一番きれいに出ているEURJPY。チャート図でお分かりの通り、4時間足が直近安値をブレイクして推進中。行く先の候補は前回の一波と同じサイズ間で121.255付近と考えます。

 

『波形の中の波形を狙う』という単純な意識

環境は日足が一波描いてブレイクを起こしています。これは昨日の日足確定で割り込んでいます。その下降の波を4時間足に落とすと波形を描いて打合せブレイク。次のサポートまで向かう体制に入っています。何と言っても日足がブレイク後の推進ということも相まって、目下ショートの勢いが強い状態です。

1時間足に落とし込むと、一定のリズムで波形を描いて下降トレンド中。ミドルバンドから下げている直近の波形は、過去からの波形に比べても戻り売りに適した場面になります。

そして15分足。タイミング取りも波形によってストップの置き位置が定められてからエントリーです。今回は1時間足の波形の中で15分足ダブルトップという典型的なエントリー手法です。

波形の中の波形。言い換えれば「トレンドが一致する場面を狙いましょう」というトレンドフォロワーとして当たり前の狙い方です。ブログ記事を更新している現在、直近安値ブレイクに失敗して強めにサポートされています。このトレードの結果は次回の記事で報告いたします。

今後も動画での相場分析などの情報をお受け取り希望の方はこちらからご登録ください。週末にはブログ内容を復習する動画もお届けしております。

本日も、ご覧いただきありがとうございました。