真夏の快適な過ごし方。これを試してみませんか?

こんにちは。

今日の東京は、外はそれほど熱くなかった印象ですが家の中の湿気が強いです。そろそろ冷房、除湿などに頼らないといけない季節になったなぁと思わされます。先週、今週と洋服を買いに出かけることが多かったので、それに絡めて夏の服装についてあれこれ考えてみました。



FX・サラリーマン投資家ランキング

(いつも応援のクリック、ありがとうございます!『夏を快適に!』というインナーのキャッチフレーズ…)

東京に限らず、今年も北海道が暑いというニュースが流れました。日本全国だいたい同じものだとして今回の話をしたいと思います。

あなたはこの時期、ユニクロのエアリズムなどの涼しい系インナーを買いますでしょうか。テレビCMや、店の看板でも目にする季節なので、何となく『夏だし、これの方が涼しいか』と買う方も多いと思います。実際、涼しい効果を最大に引き出そうとしているのか科学的根拠に基づいて開発されたものだそうなので、値段も普通のインナーの2倍程度の商品です。

でも、これって本当に涼しいでしょうか?少し考えれば、夏は裸だって暑くて辛いのに『快適に過ごせる』なんて嘘だと分かります。私は自分の結論として、こういった商品は買わないことにしています。

冬もそうです。30万円くらいするモンクレールのダウンジャケットを買うことはありません。これが、冬の寒さを完璧に防いでくれるのであれば買いますが、(申し訳ないですが)ただ高いだけの商品に見えてしまうのです。デザインが好きで…ブランドとして好きで…という理由であれば、ファンとして購入するのは良いことですが、私の購入の基準には引っかからないということです。

 

私が実践している、夏を快適に過ごす方法

夏が暑いのは仕方のないことです。日陰に入ってもどうにもならないことは、誰もが分かっています。私は会社の建屋に着いたら、自部署のある3階に上がる前に必ず1階のトイレに行って個室に入り、濡らしたハンドタオルで体全体を拭いています。

これ、すごく気持ちいいです。ついでにインナーのシャツも取り換えて体と服についている汗を完全に除去してから出社します。脱いだ服とタオルは帰ってから自分で洗うので、袋をしっかり閉めて持ち帰ります。汗が引いている状態は、私自身が気持ちいいし、周りの社員にも配慮しているので是非実践してみてください。

外回りの方は、それでも大変な時期だと思います。水分、塩分、糖分など言われますが、これからの季節をお互い無事に乗り切りましょう。

今後も動画での相場分析などの情報をお受け取り希望の方はこちらからご登録ください。週末にはブログ内容を復習する動画もお届けしております。

本日も、ご覧いただきありがとうございました。