FOMCを前に、やはり動かない。波形の混乱。

こんばんは。

今日は19:30の帰宅となりました。新潟で震度6強の地震があり、被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。写真で見るだけでも被害の大きさが伝わってきます。特に地震が多い新潟県なので、今後も余震含めてお気を付けください。



FX・サラリーマン投資家ランキング

(いつも応援のクリック、ありがとうございます。今日はFOMCのため様子見に徹します)

昨日、EURJPYEURUSDがトレンドとして下降に向かう可能性を記事にしました。もちろん、トレンドから判断しているのですが、FOMCを控えて横横の動きです。動き出すきっかけを待っているような相場状況になっています。

超重要な指標を前に、トレードすることは素人以下です。いや、日足以上のレジサポから始まるトレンドがはっきり出ている環境であれば大型指標のトレードはOKです。しかし、今はそんな状況ではありません。

例えばEURUSDは下げていてUSDJPYも下げている。この状況は『ドルの強さ・弱さ』から言ったら異常な状態です。さらに、現在どちらも4時間足レンジの真ん中にいるため、どちらにも動けます。これでけで手を出さない理由は十分です。

明日起きて、トレンドが発生していればエントリーに向けた分析をしていきます。

今後も動画での相場分析などの情報をお受け取り希望の方はこちらからご登録ください。週末にはブログ内容を復習する動画もお届けしております。

本日も、ご覧いただきありがとうございました。