アメリカ独立記念日を前に。ダウジョーンズ30は大きく利益確定!

こんばんは。

今日は20:30の帰宅となりました。この数日は、自宅で映るテレビ神奈川(TVK)で横浜DeNA戦が中継されているので夕食を取りながら観ています。今じゃすっかり選手の応援歌も覚えてきて、奥さんと良く観に行くヤクルトの応援歌も覚えて敵味方関係なく楽しんでいますww



FX・サラリーマン投資家ランキング

(いつも応援のクリック、ありがとうございます。今日はアメリカ独立記念日で様子見)

個人的に好きな応援は、阪神タイガースのチャンス襲来とDeNAの神里です。って、徐々にマニアックになっていきそうなので、ぜひお勧めの応援歌があったら教えてください!

本日はアメリカ独立記念日のため相場に動きがなさそうです。その代わり7月5日はアメリカ雇用統計で大きく動く可能性も秘めています。横横の動きから放たれる方向がどちらなのか?現時点のドルストレートを見る限りまったく予測のつかない環境になっています。しっかり雇用統計の動きを追いかけていきましょう!

 

一番トレンドが出ていたのは、FXではなかった!?

7月2日から一日半ほど保有していたダウジョーンズ30ロングポジションは、大きな利益確定となりました。口座に入っている金額からすると、5%超の利益です。エントリーまでの思考と、タイミングの取り方は全てFXと同じ。先物市場でも応用が効く手法であることは証明されつつあります。

FXと異なるのは、目標到達まで時間がかかること。セミスイングの実践に丁度良いと始めましたが、数か月で10%超資金が増えています。引き続きFXと並行して監視していきたいと思います。

さて、このトレードを解説していきます。4時間足はどう見てもトレンド環境であることが一目瞭然。そして押し目であることも分かります。余談ですが、「押し目の根拠になるレジサポは?」と思った方。あまりレジサポに固執しないで下さい。大事なのは1時間足で底値を固めているという事実です。

それが反転を意味するわけですから、そこがレジサポです。大きな時間足でのレジサポからの反転は、もちろん大きなトレンドに向かう可能性がありますが、私はそこまで求めていません。それこそ、エントリーチャンスが少なくなるだけです。

話を戻し、1時間足でボトムを固める右側で15分足のブレイクラインを作っています。ここを抜けたところから先がエントリーポイントです。この数か月、同じことを言い続けていますね。まるでコピペのように伝えていますが、それだけ重要だということです。

ダウジョーンズ30も、明日の雇用統計で大きく動く動きそうです。FXと併せてこちらも注目していきます。

今後も動画での相場分析などの情報をお受け取り希望の方はこちらからご登録ください。週末にはブログ内容を復習する動画もお届けしております。

本日も、ご覧いただきありがとうございました。