雇用統計後は静かな週明け。デイトレードの狙い目は?

こんばんは。

今日は19:20の帰宅となりました。まだ若干明るい時間だったので、夕食まで1時間ほどジョギングしてきたのですが、今の涼しい気候は本当に気持ちいいです!心地よい疲れで、今日は良く眠れそうですww



FX・サラリーマン投資家ランキング

(いつも応援のクリック、ありがとうございます!USDJPYは日足戻り高値に挑戦中!)

今日の相場を今のうちに整理しておきましょう。USDJPYは日足の戻り高値まで到達しつつあることから、今日は戻しが入っています。切り上げながらのレジスタンスに挑戦しているため、今の勢いであれば上に抜ける可能性は高いと思っています(今は手出しせず)。

また、GBPUSDは日足ダブルトップのネックライン、もっと背景には、2018年12月の週足サポートから始まるラインが強くサポートしています。下に抜けるか分かりませんが、少なくともポジションは持たずに様子見をすべき相場です。

早めに動くのはUSDJPYでしょうか。GBPUSDのように相当過去から意識されたサポートより、日足で波を崩してきているUSDJPYの方が、明らかに動きやすいでしょう。

 

一足先に動き出したUSDCHF。ロングエントリー!

記事を更新しながらチャート監視も同時に行っています。はっきりと波形があり、伸びしろもあるのはUSDCHFです。USDJPYとGBPUSDは、上記の理由で今すぐエントリー出来ない通貨ペアですが、USDCHFは違います。

 

この波形の通り、伸びしろ十分です。次のレジスタンス候補は6月18日の日足安値。この陽線コマ足が、日足下降トレンドを継続させた起点のローソク足です。非常に重要な足なので、絶対に見落とさないで下さい。

伸びしろはここまでです。それより上は売りが意識されるので欲張って狙ってはいけません。これも心を鍛える勉強と捉えて割り切ったトレードをしていきまそしょう。

このトレードの結果は次回の記事で解説いたします。

今後も動画での相場分析などの情報をお受け取り希望の方はこちらからご登録ください。週末にはブログ内容を復習する動画もお届けしております。

本日も、ご覧いただきありがとうございました。