余計な一言。パウエルの阿呆。

こんばんは。

今日は20:45の帰宅となりました。7月に中途採用の新人が入ってきたのですが、どうにも自分の仕事が溜まって構いきれない日々が続いています。管理する側としては良くないのですが、どうにも手一杯な感じなので誰か助けてほしいです…



FX・サラリーマン投資家ランキング

(いつも応援のクリック、ありがとうございます!要人発言はトレンドをぶち壊す…)

今日は元々トレンドの無い環境だったので、トレードは見送る前提でいました。しかし、今後の方向性はある程度考えていて、先日のブログ記事にも書いた通り『ドル高』を想定していました。

想定と言うのは、希望的観測ではなく、ドル高になれば近いうちにトレードチャンスが来やすい相場だといういう意味です。現にUSDJPYは戻り高値も超え、レジスタンスが控えるもののデイトレードでは上昇を狙える環境になりつつありました。

しかし、先ほど21:30頃のパウエルFRB議長の発言で一気に下降に転じました。こういう突発的な発言と動きは仕方のないことなのですが、マジでやってくれました。トレーダーにとって、大型指標なんかよりよっぽどタチが悪いのが要人発言です。ここから先ですが、まだトレンドは崩していないので引き続き上目線で見ていきます。

この動きですから、すぐに上昇するとは考えていませんが、現時点で下を狙う考えはありません。単純に、様子見期間が長くなりそうだということです。

今後も動画での相場分析などの情報をお受け取り希望の方はこちらからご登録ください。週末にはブログ内容を復習する動画もお届けしております。

本日も、ご覧いただきありがとうございました。