アメリカ指標を踏まえて、明日の雇用統計を占う。

こんばんは。

今日は20:00の帰宅となりました。東京神奈川では、京浜急行線の事故が大きな話題になっています。私もこの影響で、帰りは若干のダイヤ乱れを受けました。他社との接続が多い都内だけに、こういった事故一つで様々な影響があります。



FX・サラリーマン投資家ランキング

(いつも応援のクリック、ありがとうございます!明日の雇用統計、どうなるでしょうか?)

相変わらず、まだ待ちの相場が続いています。今日のアメリカ指標の結果を受けて、明日の雇用統計はドル高に行く可能性が高いと考えています。しかし、だからエントリーするかは別問題。現在のEURUSDをご覧ください。

現在は日足の波です。綺麗な下降トレンド中の戻しであることが分かります。ここはレジサポ転換から下げる可能師が高い位置です。が、、、乗っていく波は4時間足です。4時間足を見れば目先は上昇しています。そして20MAの上に出ています。

つまり、下降と上昇が戦う場面なので様子見ということです。ドル高を考えている理由は、日足のレジサポ転換位置だからということです。下げるならここが一番良いポイントなので日足の下降を優先して考えています。

でも、仮に下げたとしても、上記で述べた通り4時間足の波形としては綺麗でないため見送ります。私のトレードスタイルではないからです。何れにしても、テクニカル分析が機能するのか?という点に着目して明日は雇用統計を見ていきます。

今後も動画での相場分析などの情報をお受け取り希望の方はこちらからご登録ください。週末にはブログ内容を復習する動画もお届けしております。

本日も、ご覧いただきありがとうございました。